ピクシブ百科事典

シオカラ

しおから

シオカラとは「メダロット」シリーズの悪の組織「ロボロボ団」の幹部の一人である。
目次[非表示]

CV:金子はりい
ロボロボ団幹部にあたる人物。本名はシオカ・ライゾウ。
左目に傷を負っている大男。全身タイツの下は禿げ頭だがメダロットDSでは金髪だった。
意外な事に結構な年齢らしい。


ゲーム版の設定

ロボロボ団の幹部の1人として登場。
ヤナギを回収・利用し、おどろ山に訪れる幽霊騒ぎを起こさせパーツを集めていた。
子供嫌いを公言しており、イッキ達にも敵対時には容赦はない。
「2」では親に子供をロボロボ団に複数入団させ、メダロポリス中でイタズラを引き起こす「ロボロボ子供計画」では子供達を引き連れておきながら、ワザとセレクト隊に通報させて窮地に立たせるという卑劣な手段も行う。メダロッ島でも決戦に敗れると「ワシも歳を取ったが、楽しかったぞ」と不敵に笑いながら去っていった。
「3」では捕まっていたが、脱獄に成功。地底都市アースモールで事件を引き起こす。
「4」では四天王の一人、「宵闇コクエン」配下としてサザンガ道場の師範として登場する。


アニメ版の設定

同じくロボロボ団の1幹部。
ただし、子供嫌いだったゲームとは違い、ナイーブかつ温厚な老人としての面が強く出ており、むしろ何でロボロボ団に入ったのかとツッコミを入れたくなる程。
彼なりの悪のこだわりを持っていた様だが、同時に作戦会議中に職探しの雑誌を読んでいたりした事もあるなど、悪であることに限界も感じていた。


漫画版での設定

漫画メダロット2の第二巻から登場。他のメディアと同じくロボロボ団の1幹部。
他の幹部たちや団員達と共に悪事を働く。

余談

声を担当した金子氏は、後に平成ウルトラマンシリーズでのニュージェネレーション・ヒーローズシリーズの常連声優であり、『ウルトラゼロファイト』でテンペラー星人極悪のヴィラニアス、『ウルトラマンギンガ』でウルトラの父、『ウルトラマンギンガS』ではガッツ星人ボルストの声、『ウルトラマンX』ではマーキンド星人や劇中で放送されていたドキュメンタリー番組のナレーション、『ウルトラマンジード』でバド星人を担当している。

関連タグ

メダロット メダロット2 ロボロボ団

関連記事

親記事

ロボロボ団 ろぼろぼだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シオカラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49579

コメント