ピクシブ百科事典

シノルニトサウルス

しのるにとさうるす

白亜紀前期の中国に棲息していた羽毛恐竜。現在発見されている恐竜の中で唯一「毒」を持っていたと考えられている。

データ

羽毛恐竜の産地として有名な中国遼寧省の白亜紀前期の地層から発見されたドロマエオサウルス類で、羽毛恐竜としては5番目に発見された。
全長は90~120センチほどと小型で、長さ3~4.5センチほどの2種類の羽毛に覆われていた。2010年に化石に保存された細胞の構造を顕微鏡観察した結果、羽毛の色を体の領域ごとに様々であった可能性が示された。この羽毛は体温調節や仲間同士でのディスプレイに使われたと考えられている。

この恐竜は今まで見つかっている種の中で唯一、を持っていた可能性が示唆されている。2009年に中国の研究チームが保存状態の良い頭骨を調べたところ、上顎の左右に各5本ずつ生えている大きな歯の外側に縦に走る溝状のくぼみがあり、コブラなど有毒動物の毒牙に似た構造となっていた。さらに、その歯の根元にあたる上顎には毒腺の軟組織があったと思われる空洞も確認された。
シノルニトサウルスはこの毒牙を使い、プシッタコサウルスミクロラプトルといった小型恐竜を捕らえたり、ディロングユティランヌスなど自分より大型の肉食恐竜から身を守っていたのかもしれない。

だが、この歯は歯槽から外れて出てきて、潰され平らな化石になって保存される際に生じたものだとして、毒牙説を否定する研究者もいる。

関連タグ

羽毛恐竜 ドロマエオサウルス コブラ

pixivに投稿された作品 pixivで「シノルニトサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1004

コメント