ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:未公開(けもV〜)

アメリカカリフォルニア州のチャネル諸島にしか生息しない絶滅危惧種シマハイイロギツネのフレンズ

グレーと茶色のカラーリングの髪と尻尾に首にリボンを巻いた制服姿などハイイロギツネとデザインが似通っているが、こちらはブレザーの色が赤茶色でスカートはグレー一色、タイツの柄も茶色とグレーになって髪の黒いラインが短くなっているなど細かな違いがある。

初出

わたし、あまり遠くに行ったことがなくて、そとの世界?にあこがれてるの。
どうなっているのかなぁ…見てみたいなぁ。
そうだ!いっしょに出かけましょうよ?
ついてっていい?いいでしょ?いいよね!

初登場は1期アニメのBD付きガイドブック3巻に掲載された時。
プロフィール文からして好奇心旺盛な性格の模様。
ハイイロギツネは元の動物としては別種に当たるが、シマハイイロギツネしか本誌に掲載されておらず、デザインも似通っている事からリメイク扱いになると思われる。

けものフレンズ2

8話におけるPPPライブの観客として登場。
モブキャラとしての登場で、セリフは存在しない。

けものフレンズ3

アプリ版

ゲームシリーズでは初登場。
☆4フォト「紅葉狩」で姿が確認されたのが初出で、後にけもVにおけるシマハイが2022年2月3日の配信で下記イベントと共に実装されるのを発表するという連動告知となった。
また、同じくVtuberとしてデビューし、先に実装されていたケープペンギンと同様にCVは非公開となっている。

キャラクターとしては元の動物同様に非常に人懐っこく、ほとんど遠出をした事がない為にあらゆる物事に興味を示す好奇心旺盛な性格。
あくまでVのシマハイとは別個体扱いだが、キタキツネとゲーム談義に華を咲かせるなど少なからず共通する場面も見受けられる。

ゲーム内では2022年2月に開催された期間限定イベント「体力測定 シマハイイロギツネ編」開催中に実装されたしょうたいより登場。
初期けも級は☆4。属性はラブリー。

とくせいどこまでも連れてってラブリー(桃)属性の味方のロストフラッグ耐性(高)が増加&与ダメージが5%増加
キセキとくせいちいさな勇気に幸あれラブリー(桃)属性の味方の与ダメージが15%増加+被ダメージが5%減少&自身のたいりょくが80%以下のときラブリー(桃)属性の味方のかいひを10%増加
たいきスキルパークは広いな大きいな自身のMPを10増加+ラブリー(桃)属性の味方の与ダメージが5%増加&ターン開始時にたいりょくが5%回復(2回)
とくいわざとつげきコンコン 相手単体に105%のダメージ+対象の属性がアクティブ(黄緑)の場合高確率で被ダメージを10%増加(2ターン)
けものミラクルいつの日か叶えるジャーニー味方全体のたいりょくを回復&ラブリー(桃)属性の味方の与ダメージを増加+被ダメージが減少(2ターン)

アーケード版

サービス終了までにユニット実装はされず、スキルカードにも描かれる事はなかった。

けものフレンズVぷろじぇくと


はいこんこん🏝🦊シマハイイロギツネでーす!

2021/6/7に配信された『けものフレンズ3 わくわくどきどき探検レポート#11』にてけもV第2弾としてVtuberデビューする事が発表され、後に正式に生配信を行う。

キタキツネよろしくゲーム好きを公言しており、主に深夜からのゲーム実況をメインに活動している。
プレイするゲームのジャンルはアクションやホラーなど幅広く取り扱っており、初のゲーム配信でプレイした作品の内容が人類滅亡後の世界を舞台に、汚染物質により突然変異を起こした生物達が熾烈なサバイバルバトルを繰り広げるというなかなかにバイオレンスなものだったりする(一応、この辺りの事情はパークスタッフとしっかり話し合ってから決めたとの事)。

ゲームのプレイスタイルは力技によるゴリ押しが主流になっており、視聴者からは「脳筋キツネ」などとネタにされる事もしばしば。
また、Vデビュー前から仲間内でMinecraftのプレイをする際に建築したものを破壊する役割を与えられていた事をカミングアウトしており、既に当初から現在のプレイスタイルが確立されていた模様。
一方でフルルケープと比べるとゲームプレイスキルはかなり優れており、Minecraftにおける配信では後続の二人のプレイ難易度が下がるよう家の建築や整地を徹底するなど、単なる脳筋には収まらない才覚を持ち合わせている。
しかし、前述の脳筋ぶりが祟り、アクションゲームではトリッキーな動きをしてくる敵に苦戦を強いられたり敗北してしまう事も少なくない。

当人曰くホラーへの耐性は低いとの事(実際、初のホラーゲーム実況で例外配達をプレイした時は悲鳴をあげる場面も少ないながら確認されている)だが、それは一人でプレイした時に限られており、コラボ等で複数人がいる場合はまるでFPSゲームでも攻略しているのかと言わんばかりにスピーディーな動きを見せたり、おどろおどろしい雰囲気に怯える他メンバーを脅かすといった余裕まで見せている。

FLASH黄金時代やニコニコ黎明期のネット事情に詳しく、雑談枠がインターネット老人会と化すことが多い。
また、赤ちゃんじみたセリフの数々や即興で作った謎の歌など電波発言も多く見られ、さらにそれらがプレイしているゲームに出てくる用語と組み合わさる事もあり、これらの独特な雰囲気から生まれたワードはシマハイ語録と称されている。

他メンバーと比較すると外部のVtuberとのコラボ頻度が高く、最近では彩まよい桜月花音花琴いぐさ水瓶ミアルルン・ルルリカの5人と「しゅりむす」というグループを結成している。


その後、2022/2/25〜3/6に開催された『けものフレンズSHOP 2022 in SHINJUKU SPECIAL』最終日には、なんとロボットになって3次元の世界に登場(通称:シマハイロボ)。
会場にやって来たファン達に挨拶をするなど、交流を深めた。

外部リンク
YouTubeチャンネル
Twitterアカウント

コラボレーション

超人女子戦士ガリベンガーV


2021年10月23日放送回にて、ガリベンガーV2号としてゲスト出演。ケープに続くけもV枠からの二人目の番組出演となる。
同番組内では電脳少女シロ白上フブキといった有名Vtuber達との共演を果たし、戦闘機に関するクイズに挑戦。
また、実在する動物としては知名度が低い事もあってか、小峠からシンプルに「キツネ」呼ばわりされたりしている。

関連イラスト

무제
無題



けもVver.

シマハイイロギツネ
シマハイ・オブ・ネクロダンサー



関連動画



関連タグ

けものフレンズ ハイイロギツネ(けものフレンズ)
キツネ(けものフレンズ)
リデザフレンズ

関連記事

親記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シマハイイロギツネ(けものフレンズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 812324

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました