ピクシブ百科事典

シャンディー・ガフ・マレア

しゃんでぃーがふまれあ

ライト文芸「ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり」の登場人物。

CV:大久保瑠美

人物

薔薇騎士団所属のミーハーな性格の女性騎士。パナシュと姉妹縁を結んでいる。
 パナシュがアルヌスに語学研修に行った後の白薔薇隊を任せられる予定だったが自身もアルヌス行きを希望し、ピニャからはその代償として有事に伊丹を籠絡する役目を与えられた。
 しかしミーハーな性格が災いしてか炎龍を倒して英雄となった伊丹に本気で憧れてしまい、ピニャから籠絡要員失格だと言われてしまう。
※なおコミカライズ版での発言から、アルヌスにいる薔薇騎士団メンバーは同じように籠絡命令が出ているものがいると推察されている。

絶対に目を開けるなと念を押されても閃光手榴弾の爆発を直視してしまう、
偵察任務で独自の判断で深入りしすぎて何日も連絡を断ってしまうなど
思慮が足りない面が目立つものの、騎士団の人間だけありピニャへの忠誠心は本物。
だが、それすら逆手に取られ騙されてしまうなど、少々不憫で憎めない娘である。

イタリカでのピニャとゾルザルとの決戦時には、スイッセスと共に皇帝の居室を守る死守命令を与えられ奮戦するも、連戦続きで満身創痍の状態となり、最後は自分をだましてレレイを暗殺させようとしたノッラと戦い戦死した。

外伝1では囚われの身になったピニャが偽名として彼女の名前を使っている。

TVアニメ版では最後まで死ぬ事無くピニャの立太女の儀に出席。 
何で自分言い寄る男はいないんだと不満を口にするも、
騙されてたからだろうとツッコミを入れられ「そうだったぁ~!」と嘆くのだった。

コメント