ピクシブ百科事典

ジャンヌ・ダルク30世

じゃんぬだるくさんじゅっせい

ジャンヌ・ダルク30世とは、ライトノベル『緋弾のアリア』の登場人物。

概要

クラス2年B組
専攻情報科(インフォルマ)
武偵ランク不明
CV川澄綾子


秘密結社「イ・ウー」の研鑽派(ダイオ)の1人。ジャンヌ・ダルクの子孫であり、正確にはジャンヌ・ダルクの30代目。
ジャンヌ・ダルクは本来火刑に処されて死亡したとされるが、実際には影武者を立てて生き残っており、それ以来歴史の表舞台から姿を消しつつも子孫を残してきたとされる。
通り名で「魔剣(デュランダル)」「銀氷(ダイヤモンドダスト)の魔女」とも呼ばれることがある。前者の通り名の由来となった聖剣デュランダルを使い、空気中の水分を自在に凍結できる氷の超能力を持つ。
初登場となった2巻では超能力を用いる武偵「超偵」ばかりを狙う誘拐魔として活動しており、白雪を攫うために武偵高に潜入した。キンジアリア、白雪に敗北後は、司法取引を経て東京武偵高校に入学した。硬式テニス部に所属していて、後輩の女子達からはモテモテである。
性格はクールであるが、理子に影響されて少女漫画やロリータファッション系の可愛い服を集めるのを趣味としている一面を持つ。また絵を描くセンスが壊滅的になく、幼稚園児程度のレベル(キンジ曰く「3歳児のおえかきみたいな絵」)だが本人にその自覚は無い。
作戦立案や情報収集を得意としていて、イ・ウー時代は理子に作戦立案術を教える代わりに彼女から変装術を学び、2巻ではそれを使い白雪に変装して武偵高へと潜入した。

武器は前述の聖剣デュランダルと、チェスカー・ズブロヨフカ国営会社のCz100。

ジャンヌ・ダルクのタグだと、他の版権作品のジャンヌ・ダルクと混ざってしまうので、緋弾のアリアのジャンヌ・ダルクの作品にはこのタグを付けるのを推奨する。

ちなみに、中の人は違うアニメ騎士王を演じている。剣使いだが可愛い物が好きという点でなんとなく似ている。さらにこの作品においては別の登場人物ジャンヌ・ダルクと間違われている。

「文化祭 屈辱のコスプレコンテスト」



関連タグ

緋弾のアリア  峰・理子・リュパン4世  夾竹桃  ジャンヌ・ダルク
超ヒロイン戦記

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャンヌ・ダルク30世」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89725

コメント