ピクシブ百科事典

スパッドS.VII

すぱっどえすせっと

スパッドS.Ⅶ(メイン画像上)とは、WW1中にフランスが使用した戦闘機である。
目次[非表示]

概要

フランスのスパッド社がWW1中の1916年に開発した複葉戦闘機で、同大戦のフランス軍を象徴する機体である。
数多くのエースパイロットを輩出し、その中にはWW1唯一にして我が国最初のエースパイロットである滋野清武も含まれている。

速度性能などは優れていたが、武装は7.7mm機銃1丁のみで、2丁装備しているドイツ軍機に対して火力不足であった。
そのためエースパイロットのジョルジュ・ギンヌメールの提案により、エンジンをより強力なイスパノ・スイザ8Cbに換装し、プロペラ軸内に37mm砲を内蔵した(いわゆるモーターカノン)スパッドS.XIIが開発される。
37mmと言えば、口径だけならルノーFT戦車と同クラスであり、命中すれば当時の航空機など一撃で木っ端微塵にできた。
しかしパイロットが一発ずつ手で装填しなくてはならない上、弾が重いため真っ直ぐ飛ばず、使いこなすのは非常に難しかった。
そのため大量生産はされなかったものの、少数がエースパイロット専用機として配備された。
エース専用機というのはロボットアニメなどではよく登場するが、現実の戦闘機では(現地改修を除けば)このスパッドS.XIIのみではないだろうか。

翌年の1917年には正当な拡大発展型と言えるS.ⅩⅢ(エンジンを強化、機銃を2丁に)が開発され、主力機の座をそちらに譲ったものの、訓練機として運用は続けられた。
またかの名戦車である同国のルノーFT-17の例と同じく、S.Ⅶとその後継機であるS.ⅩⅢは英、米、伊といった当時の連合国でも運用された。
日本でも陸軍が試験的に購入した機体を運用していたが、制式採用には至らなかった(尚、後継機のS.ⅩⅢは丙式一型戦闘機として制式採用されたが、同時期に採用された同国のニューポール24こと甲式三型戦闘機があまりに好評だったため冷遇された)。

性能諸元

スパッドS.Ⅶ

全長6.08m
全高2.20m
翼幅7.82m
翼面積17.85㎡
最高速度時速212km
武装ヴィッカース7.7mm機銃×1丁

スパッドS.ⅩⅢ
全長6.25m
全高2.60m
全幅8.25m
最高速度時速218km
武装ヴィッカース7.7mm機銃×2丁

関連イラスト

スパッドS.Ⅶに関するイラストを紹介してください。

関連タグ

戦闘機 レシプロ戦闘機 第一次世界大戦 複葉機 フランス軍

pixivに投稿された作品 pixivで「スパッドS.VII」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 159

コメント