ピクシブ百科事典

目次[非表示]

テレビ番組はこちらを参照→からくり侍セッシャー1

セッシャー1とは

説明しよう。からくり侍セッシャー1とは、和時計の開祖と言われる津田助左衛門が、徳川家康の時計を修理した際、家康を護るために作ったと言われる江戸時代の戦闘マシーンである。
穴久教授が偶然その設計図を発見し、現代に蘇らせたのだ。(以上、第1話解説より)

そのため、セッシャー1は穴久教授を「殿」として崇め、基本的に殿を護衛するために戦うのだが、スプラッシュ星人の地球侵略作戦に穴久教授が度々巻き込まれるため、結果的にスプラッシュ星人と戦う事になる。

普段は人間の姿で「唐繰男」と名乗り、居酒屋「海ぼうず」でバイトをしている。
一人称は「拙者」。江戸時代の設計のため、口調も古臭い。
殿に危険が迫った時、「桃栗三年柿八年! カラクリ千年亀万年!」のかけ声と共にセッシャー1に変身する。

なお、セッシャー1の体内には、電源として津和勇樹の携帯電話が内臓されており、電話としても使用可能である。

現実世界のセッシャー1

セッシャー1は「会いに行けるヒーロー」をコンセプトとしている。
ドラマの舞台である「駅南銀座商店街」は、登場する店舗から商店街の人々までもが実在する存在であり、セッシャー1やスプラッシュ星人も時折、商店街に出没し、実際に会うことができるという。

通常の「聖地巡礼」と異なり、商店街に足を踏み入れれば、ドラマさながらの世界が体験できるという点が、大きな特色となっている。

関連タグ

からくり侍セッシャー1 ご当地ヒーロー ローカルヒーロー 静岡県 テレビ静岡 特撮
茶神888…同じく静岡のローカルヒーロー

関連リンク

静岡に“会いに行ける”新ご当地ヒーロー「セッシャー1」誕生

関連記事

親記事

からくり侍セッシャー1 からくりざむらいせっしゃーわん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セッシャー1」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10258

コメント