ピクシブ百科事典

概要


ワールドヒーローズ第三作、ワールドヒーローズ2JETのラスボス。

歴史上のあらゆる戦乱を陰で操っていた一族の末裔で、時空の狭間に居城を構えていた。
歴史操作にも飽き、退屈な日々を送っていたところ、ブラウン博士が歴史上の英雄達を集めて主催する格闘技大会ワールドヒーローズの存在を知り、英雄達を手駒にしての世界征服を企む。
手始めにリョフジャックを召喚して部下にした。

ちなみにリョフは悪漢とは言え英雄と呼べなくもないが、ジャックの方はどう考えても英雄ではない。これはタイムマシンに「HERO(英雄)」と入力するつもりで「HEEL(プロレスで悪役を指す俗語)」と誤入力してしまったためである。


普段はパワーを一割ほどに抑えスーツに身を包んだスマートな姿だが、戦いの際にはパワーを解放し筋骨逞しい大男に変貌する。

偽の大会でおびき寄せた英雄を居城に呼び出し、戦いを挑むが激闘の末敗北した。
敗北後、ベストエンド(勝利した時の体力がリザルト72pt以上)では英雄に敗れ落ち込んでいたところ、なんと散々軽んじていたジャックに慰められてやる気を取り戻すが、英雄に一喝されて逃げ出す。

ちなみに、ボーナスステージに登場する猛牛「サマンサちゃん」はペットで、英雄達への嫌がらせの為に差し向けた。

続編のPERFECTでは復讐の為ブラウン博士のタイムマシンごと英雄を居城に引きずり込むが、乱入してきたNEO・DIOに蹴散らされてしまった。
ちなみにNEOGEO版ではCD版の対戦モードでのみ使用可能だったが、セガサターン版ではストーリーモードでも使用可能。

PERFECTではNEO・DIOの前座にされてしまって弱くなったかと言えば決してそんな事はなく、兎に角一撃が重くリーチも長いため普通に殴りあうとまず負けてしまう。
そして何より怖いのは必殺技『メガトンパンチ』…の空中ヒット。である。
このゲームには空中コンボ判定のある技が幾つかあるが、『メガトンパンチ』にも空中で複数ヒットする判定がある。
…そして、このゲームは昨今のゲームにあるような食らい状態から抜ける手段は一切ない。故に対空で『メガトンパンチ』を当てられると死ぬまで殴られる事になる。
地上で食らっても密着からなら5割もらって気絶させられる。


モチーフはギリシャ神話の神ゼウスとされているが、外見や使う技は画像でも示されている通り某世紀末漫画に登場する世紀末覇者もしくは第一の羅将が元ネタと思われる。
しかしメーカーは完全なオリジナルキャラクターだとゲーメストから刊行された謎本で断言していた。
ちなみに、彼以外にもワールドヒーローズシリーズには前述のNEO・DIOやブロッケンの様に露骨なパロディキャラクターが登場しているので、彼だけが特異な存在というわけではない。

関連記事

親記事

ワールドヒーローズ わーるどひーろーず

兄弟記事

コメント