ピクシブ百科事典

ソビエト・ロシア共産党・ボリシェビキ第12回全国大会

そびえとろしあきょうさんとうぼりしぇびきだいじゅうにかいぜんこくたいかい

ソビエト以前の共産党最高会議の12回目 ソ連成立後に行われた第一回目の会議

ソビエト・ロシア共産党・ボリシェビキ第12回全国大会

英:Soviet Russian Communist Party - Bolsheviks 12th National Convention
露:Русский советский Коммунистическая партия - большевики 12 Национальное собрание


ソ連成立後1923年に行われたロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の共産主義側の政府最高会議(第一回目)
12回はスターリンがソ連共産党書記長になってはじめての主催した共産党会議である。
ソビエト国家全体で行われていた、イデオロギー論争に、スターリン書記長が『ソビエト一国でユートピアの達成は可能』という見解を示し、
一国社会主義がソビエト全体のイデオロギー(設定)として全会一致で決定する。
前元首トロツキーなどで語られていた世界革命(永久革命)や社会民主主義的な主張をする党員や市民を、粛清口封じ)やシベリヤ送りラーゲリ)という形で終わせた。
彼らは帰ってこなかった。

トロツキーなどの仲間は、命の危険を感じソビエトから脱出した・・。

コメント