ピクシブ百科事典

トロツキー

とろつきー

ソビエト革命政権初代元首・最初の赤色革命戦士。革命からソビエト国家建国以前までの最高権力者(元首)赤軍創建者・総司令官。

ソ連政治家ソビエト革命政権初代元首
本名レフ・ダヴィードヴィチ・トロツキー。
ウクライナ生まれのソビエト連邦政治家、マルクス主義思想家。革命指導者、共産党版十二使徒の一。 ソビエト陣営の指導者でソ連建国にも携わった。

【永久革命男・初代革命戦士】
最初の共産主義革命戦士(赤色テロリスト)的存在で、自他共に認める天才で、まったく他人と協調できず一人で突っ走るタイプ(一人永久革命男)的ところがあり。ソ連共産党内でも、同僚や部下の意見をまったく聞かず一人で突っ走り、完全に浮いていた。

 トロツキーは過激な共産主義思想を振りまき、ロシアの民の民意を暴力革命に統一した。
ロシア帝国政府を打倒した。その際に赤軍を創設の創健者となり総司令官となる。後にレーニン率いる暴力革命派(ボリシェビキ)と共闘した。1917~22年の間にロシア帝国政府およびロシア共和国政府を滅ぼすと、ソビエト(民会)革命政府をのリーダ(議長)就任し1905年から1917年までのソビエト(民会)革命政府のソビエト議長(元首)をつとめる。

 しかし、彼のソビエトから始まり世界を巻き込んで全てをひっくり返す革命(永久革命)という主張は当時の同輩に当たるボリシェビキ(共産党員)からも現実的に無茶だと思われていた。というよよりトロツキー以外はほぼ無理だと思っていた。

 全てをひっくり返すよりも、共産党員が全力で独裁をしてゆくほうがまだ現実的に見えた、当時は。結局、党首脳のレーニン・スターリンなどの他の共産党員からも疎まれた後。

1922年にソビエト議長にI・カリーニンが就任し、『ソヴィエト連邦』として正式に国家として成立すると、トロツキーの元首時代は無かったことになる。
 これによって初代元首を『トロツキー』とするか『カリーニン』とするかで共産党支持かソビエト政権支持家に分かれていき、論争や内ゲバの素材となる。

 この対立はゴルバチョフが登場するまで、共産党が唯一正統なソビエト革命の組織として存在していたが、ゴルバチョフが共産党もソビエトもとうりこした政冶設計を開始した結果、対立は無用になり、ソヴィエト連邦自体が消滅すると。もやは何を争っていたのかわからなくなる社会主義・共産主義者が続出した・・・。

 単身、南米メキシコに行き新共産主義革命国家を立てようとメキシコへ亡命、その後スターリンの刺客によって暗殺され、バラバラにされる。トロツキーは南米の共産主義者の開祖として今も左翼諸派からは崇拝されている。

【参考文献】
・wikipedeia Троцкий, Лев Давидович

関連項目

ソ連 スターリン 赤いpixiv

  • 連合赤軍・・・日本での共産主義暴力革命を標榜した組織だが、実際的には軍隊の体をなしておらず、個人個人において共産主義的純化を求め、つぶし合った集団となった集団。よって、個人で事件行動する物しか現れなかった。
  • 革命戦士・・・共産主義を暴力で達成しようとする者の通称。(イスラム国の戦闘員や過激派といろいろ一致する)

  • 庵野秀明・・・容姿が似ている。トロツキー自体もなんとなく『芸術肌』的要素がある。

庵野秀明監督似顔絵

pixivに投稿された作品 pixivで「トロツキー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10773

コメント