2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

古代ギリシャにおける故事。栄華を極めるものには常に死の危険が隣り合わせになっている事。華やかな立場を追われる要因となりうるものとも解釈できる。

イタリアシチリア島にある都市シラクサは古代ギリシャ時代はギリシャの植民地であり、ディオニュシオス2世が治めていた。臣下の青年ダモクレスは彼の立場を羨んでいたが、ある日、宴の席に招待され、玉座に座るよう勧められる。最初は嬉々として座っていたダモクレスがふと天井を見上げた所、自分の頭上に今にも落ちてきそうな一本の剣が吊られている事に気付く。王はダモクレスに「王や権力者は常に地位を脅かされる立場にある。それでも私のような生活を望むかね?」と説いた所、彼は二度と王の立場を羨むような事はしなかったという。

現代社会においては剣は別の言葉に置き換える事が出来る。芸能人で言えばそれはスキャンダルかもしれないし、人類という大きなスケールであれば環境問題核爆弾が相当するであろう。それは人間以外の生物とて同じ。生きとし生けるものの頭上には皆ダモクレスの剣が揺れているのだ。

なお、剣が何で吊られていたかには諸説あり、細い糸だったという説や髪の毛という説がある。

恵まれた地位をうらやむ人へ



関連タグ

古代ギリシャ ことわざ
走れメロス……ディオニュシオス2世を襲った危機の一例

関連記事

親記事

ことわざ ことわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ダモクレスの剣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14619

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました