ピクシブ百科事典

ダークメイジ(魔物娘図鑑)

だーくめいじ

ダークメイジとは、健康クロス氏のコンテンツ「魔物娘図鑑」に登場する魔物娘の一種である。

※この記事にはR-18成分が含まれています

概要

高い魔力を有し、様々な魔術を操る魔人・妖女の一種。サバトの「魔女」と混同されがちだが、バフォメットファミリアの力によって人間から転化するあちらとは異なり、人間の女性が魔物やその魔力による干渉を受ける以前から魔物に匹敵する強い欲望を抱き、無意識に魔力を取り込み、自ら魔女として覚醒した種族がこの「ダークメイジ」である。

また、人間が持つ「精」と呼ばれる生命エネルギーを吸収して魔力に変換する、という魔物娘の能力の適性は人間の女性にも元々備わっており、魔物娘への転化はあくまでこの能力を強化する形で行われる。そのため人間の女性魔導士も魔物娘と同様に男性との性交によって「精」を補給し魔力に変換して魔法を行使する事は可能であるとされるが、実際にこれを行った者は多くの場合吸精に伴う快楽の虜となり、サキュバスかダークメイジへと「覚醒」するという。

こうした経緯から、ダークメイジはサバトの「魔女」との大きな違いとして、バフォメットやファミリアによる干渉を受けていないため、人間の大人の姿に成長しうるという点がある。もう1つの大きな違いとして、彼女達はサバトという集団に属する「魔女」と違って一匹狼な気質があり、普段は人気のない森林や沼地の奥に居を構えている者が多い。
自身の欲望に極めて正直なダークメイジは性に奔放で、気に入った男性を手に入れるためなら欲望のままに行動し、手段を選ばず、数多の魔術を行使して篭絡を試みる。
時にはたった1人の男性を手に入れるためだけその男性が住む都市ごと魔界に変えたり、その都市に住む住人を魔物化させて都市全体を支配するといった大きな厄災を引き起こす事さえあり、「邪悪な魔女」等の悪評で語られる魔女はサバトの「魔女」ではなくこちらのダークメイジである事が多いという。
また、ダークメイジが住む森や沼地には魔術が張り巡らされており、入り込んだ男性を道に迷わせ、彼女達の住処や魔物達の元へと導く。
こうして男性を手に入れたダークメイジは相手の男性を彼女達に溺れさせ、自らの爛れた欲望を充足すべく互いが最大限に快楽を得られるように数多の魔術を施して交わりを行う。そして彼女達は虜にした男性と主従契約を結び、自らの使い魔とする。

その後使い魔にして夫となる男性を得たダークメイジはそれまで以上に男性と2人きりで住処に籠るようになり、欲望のままに男性を愛でて交わり、精を啜る爛れた日々を過ごすようになる。
そしてその生活の中で魔力を蓄え魔女としての力を高めていき、より強力となった魔術の全てを更なる夫との交わりの快楽を追求する為に行使するという事が繰り返され、夫と共に過ごす時を更なる愉悦と恍惚に満ちた濃密なものとする事に全てを費やすのである。

関連タグ

魔物娘図鑑 魔人・妖女

魔女(魔物娘図鑑)

関連記事

親記事

魔人・妖女 まじんようじょ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークメイジ(魔物娘図鑑)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1089

コメント