ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

インチキ宗教団体「ムナンチョヘペトナス教」の残党。

人物

本人曰くムナンチョ・鈴木の一番弟子であり、教団の最古参の一人と思われる男。

17年前に教団を壊滅に追いやったを「災厄・ウロゴマ」と称し、逆恨みしている。
先生を自称しているが、桐生一馬からは珍妙な名前と仰々しい口調からただの胡散臭いオッサン呼ばわりされた。
一般人を騙す程の狡猾さは持ち合わせているが、インチキ野郎と煽られただけで逆切れするなど、追い詰められるとすぐボロを出すという欠点は教祖と変わらない。また、戦闘力は低く中身は同じでも見かけによらず強かったムナンチョ・鈴木の劣化版と言ったところだろうか。

劇中での活躍

サブストーリー「噂のパーティー」に登場。神室町へ逃げ込んでおり、ムナンチョ・鈴木が逮捕された後も教団再生計画の第一歩として街合コンを開催し、参加者を信者に取り入る
参加者を集めてカップルを成立させた事で神室町のホストクラブの売り上げが一時的に落ち込む程の勢いを見せていたが、実際は薬を入れた酒を使って女性に飲ませて即席のカップルを作り、参加費も頂くというチンケで姑息な手段であった。最終的には桐生の乱入によって失敗に終わる。その後も「きっかけが嘘でどこが悪い」「愚民は教団が導かなくてはならない」と開き直って「人集めが出来るだけの才能は持っている」と妄執的な部分を長所を指摘された事で何かに気づき、神室町から出て行った。

余談

  • 外見と発言から『0』での教団の案内人と同一人物ではないかと推測されている。
  • 矢澤自体はムナンチョヘペトナス教とは一言も発してはおらず、桐生がその名を初めて聞くのは次回作まで待つ事になる。


関連タグ

龍が如く龍が如く極ムナンチョヘペトナス教

関連記事

親記事

龍が如く極 りゅうがごとくきわみ

兄弟記事

コメント