ピクシブ百科事典

ディッパー・パインズ

でぃっぱーぱいんず

ディッパー・パインズ(Dipper Pines)とは、海外アニメ『怪奇ゾーングラビティフォールズ』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:ジェイソン・リッター(日本語吹替:泰勇気

本作の主人公メイベル・パインズ双子で、年齢は12歳。
自分の本名が好きではなくあだ名のディッパーを名乗っているが、本名はメイソン・パインズMason Pines)である。あだ名の由来は、額にBig Dipper(北斗七星)型のアザがあることから。

両親の決定で、メイベルと共に夏休みの間オレゴン州のグラビティフォールズに住むスタン大叔父さんのもとで暮らすことになる。ある日、(インチキだらけの)ミステリーハウスを経営するスタンの言いつけで森に案内板を立てに行った際「指が6本ある左手甲の中に3の数字が描いてあるデザイン」の古めかしいノートを手に入れる。ノートには、グラビティフォールズで起こる様々な怪奇現象や謎の生物たちについての研究記録が記述されており、強い興味を持ったディッパーはメイベルや店員のスースと共に、グラビティフォールズやノートの謎を探ろうとする。

髪型はボサボサヘアーの茶髪で、店の商品である水色と白のツートンカラーのキャップをかぶっている。身長はメイベルと同じくらいだが、スース曰くメイベルの方が1mm高いらしい。

メイベルとは時々喧嘩もするが、基本的に姉弟仲はとても良く、彼女が危機に瀕したときは彼女を救うべく奮闘する。

スタン大伯父さんからは何かと家事の手伝いを言いつけられており、それは自分が嫌われているのだと疑心を抱いたこともあったが、それがかつてひ弱だったスタンが父親に厳しくしつけられたことで守るべきものを守れる強い男になれたという経験から敢えて厳しくあたっていたことを知り、以降は考えを改めるようになった。

ウェンディさんと


アルバイトとして働いているウェンディ・コーデュロイとは良き友人として接していたが、いつしか彼女に対して密かに憧れを抱くようになり、彼女と過ごす時間を作るためにときには怪奇現象を駆使して計画を企てることもあった。慎重すぎる性格が災いしてなかなか想いを伝えられずにいたが、第22話にて日頃小声で漏らしていた本音でその心情は本人にダダ漏れだったことが明かされ、彼女にとっては年齢差から弟のようにしか思われておらず、以降もしばらくは友人として付き合っていく形で落ち着いた。

知性が豊富でかつ慎重派な性格で、行動する前に入念な計画を立ててから動くタイプ。一方で、年頃の少年らしく子供扱いされることを嫌い、前述の身長の件やウェンディの友達から小馬鹿にされたことにムキになる場面も。言葉の使い方がとてもうまいが、実はよく分からない言葉も「大人っぽく見える」から使っていた事を白状した。
日本語版番宣では担当ナレーションに「かわゆい」と言われて茶化されている。

モデルとなった人物は本作の製作者であるアニメーターのアレックス・ハーシュ自身である。

関連タグ

海外アニメのキャラクター一覧
怪奇ゾーングラビティフォールズ
主人公 双子 
メイベル・パインズ(姉。ちなみに作者の双子の姉がモデル。)
スタン大叔父さん
ウェンディ・コーデュロイ

以下、本編のネタバレ


























物語終盤、これまで共に生活してきた大叔父“スタンフォード”が偽者である疑惑が浮上し、パインズ姉弟とスースは、スタンが地下で謎の装置を作動させている現場に居合わせる。その後、装置の作動により、数十年ぶりに異世界から帰還した本物のスタンフォード・パインズ(以下「フォード大叔父さん」)の登場と共に、スタンは彼の双子の弟スタンリー・パインズであることが発覚する。スタンはかつてパインズ家を勘当され、その経緯においてこれまで仲の良かったフォードとも険悪な関係になっていた。

実は、このフォードこそが長年グラビティフォールズに発生する怪奇現象を研究していた6本指のノートの執筆者であることを知ったディッパーは彼に尊敬の念を抱き、彼に近付こうと率先して研究に協力するようになる。フォードのほうも、当初はディッパーを子供と見くびっていたものの、趣味や性格が自分と似ていることや、彼の知識の深さや勇敢さに感心し信頼を強めていき、名実共に師弟の関係になっていく。一方で、彼の研究に協力するためにメイベルたちとの交流が薄くなっていった。

後にフォードは、ディッパーを自身の後継者とするために夏休み以降もグラビティフォールズに残ることを提案。一時期は本気でフォードの後継者になろうとしていたが、その会話を偶然耳にしてしまったメイベルと口論になってしまい、結果、異世界の悪魔ビル・サイファーが彼女の弱みに付け入る隙を生んでしまい「時空の裂け目」を奪取され、ミョウマゲドンが巻き起こった。ビルの作った幻想世界「メイベルランド」に引き籠もった彼女を説得する上で、自分たちがいつでも支え合って辛い出来事を乗り越えてきたことを思い出し、お互いに謝罪して和解。弟子になることも止め、メイベルとともに成長していく道を選ぶ。

ビルとの最終決戦では、いつまでもいがみ合う大叔父二人を尻目に姉弟で協力してビルを翻弄してみせ、その姿がスタン兄弟を共闘させる結果へと繋がり、家族四人の力で見事ビルを消滅させた。

騒動後は、メイベルとともに13歳の誕生日を迎え、グラビティフォールズの住民たちから祝福された。翌日、ミステリーハウスの面々に見送られながらカリフォルニアに住む両親のもとへ帰省。別れ際、ウェンディとお互いの帽子を交換し、「また夏に会おう」とメッセージの添えられた寄せ書きを受け取った。

pixivに投稿された作品 pixivで「ディッパー・パインズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105641

コメント