ピクシブ百科事典

ディンゴネク

でぃんごねく

ディンゴネクとは西アフリカでで目撃された一本角の未確認生物。※メイン画像は女体化アレンジ

概要

ケニアの川もしくは西アフリカのコンゴガボンカメルーンのジャングルで目撃される3,4mほどの灰色、茶色の未確認生物で、大きな一本角を持つ陸に上がったセイウチ、もしくは首が短いといった姿であるとされる。

この生物の大きな特徴としては、身体全体がセンザンコウのような鱗に覆われ、尾にはサソリのような毒針を持つことである。

また非常に気性が荒く、ワニカバと縄張り争いをすると現地民に恐れられていた。

1910年に狩猟家ジョン・ジョーダンによる目撃譚が書籍に掲載され、西欧社会に知られるようになり、現地の洞窟にも特徴を捉えた壁画が残されていた事実が判明した。

近隣にはチペクウェエメラ・ントゥカと呼ばれる類似するUMAの目撃例があり、同一視される。

関連タグ

UMA チペクウェ エメラ・ントゥカ 
アフリカの妖怪
ユニコーン

関連記事

親記事

チペクウェ ちぺくうぇ

兄弟記事

コメント