ピクシブ百科事典

チペクウェ

ちぺくうぇ

チペクウェとは中央アフリカで目撃される水棲の未確認生物。

概要

中央アフリカのアンゴラコンゴタンザニアザンビアの川や沼地などの水域に棲むと原住民によって報告がある未確認生物(UMA)。
に似ているがずっと大きく、大きな一本角と二本の牙を持つといわれる。
欧米人が原住民に恐竜図鑑の角竜を見せたところ「チペクウェだ!」とおびえたという。

「チペクエ」とも呼ばれ、「エメラ・ントゥカ」(象の殺し屋、水辺の象)と呼ばれるUMAとも同一視される。

かつて日本の一部の書籍では「水ライオン」と訳され、水掻きのあるサーベルタイガーのような想像図が描かれたが、これは「コジェ・ヤ・メニア」という別のUMAである。

有名なモケーレ・ムベンベとは、このUMAも含めた大型の未確認生物をまとめた、現地での呼称であるともいわれる。

関連タグ

アフリカ UMA 角竜   モケーレ・ムベンベ

pixivに投稿された作品 pixivで「チペクウェ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7

コメント