ピクシブ百科事典

デオン・ド・ボーモン

でおんどぼーもん

アニメ『シュヴァリエ』の主人公。モデルは18世紀フランスの外交官“シュヴァリエ・デオン”
目次[非表示]

概要

CV:泰勇気(晩年:野島昭生
デオン・ド・ボーモンとは、アニメ、小説、漫画『シュヴァリエ~LeChevalierD'Éon~』の主人公。
フランス=ルイ15世への忠誠心に厚い性格で、騎士道を重んじる青年。
顔は中性的で姉に瓜二つであり、化粧をすると他人には見分けがつかないほど似ている。
意識を失った時に、リア・ド・ボーモンの魂がその体を使ったのをきっかけに、リアの魂が現世に降りる器となる。

リアを何者かに殺害され、その事件の真実究明に乗り出す。その旅においてデュランロビンテラゴリーと組み、「四銃士」と名乗る。
旅に出てからはたびたび女装し、リアを知る者と接触を図る。

実在の人物としてのデオン・ド・ボーモン

一般的には『シュヴァリエ・デオン』の名で知られる。
18世紀フランスの外交官、またスパイ
人生の前半を男性として、後半を女性として生きた(解剖学的には男性)。
美しい女装を武器として成功した外交や女装の騎士の伝説を残しており、その数奇な人生は本作以外にも漫画「仮想の騎士」、バレエ「エオンナガタ」などの題材となった。後に異常性癖においての異性装癖(服飾倒錯)を意味する心理学用語「エオニズム」の語源ともなった。

なお、作中でデオンの姉として登場する「リア・ド・ボーモン」は、スパイとしてロシアに潜んでいた際に彼(彼女)が使っていたとされる偽名である。

関連タグ

シュヴァリエ リア・ド・ボーモン デオン 

pixivに投稿された作品 pixivで「デオン・ド・ボーモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28101

コメント