ピクシブ百科事典

ドラゴンマイナソー

どらごんまいなそー

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』に登場する、マイナソーの一種。
目次[非表示]

マスターブルー「ここまでデカイの初めてだがな…。で、どうやって倒す?」

スーツアクター草野伸介

データ

属性/竜型モンスター
分類/完全体
身長/51.5m
体重/771.8t
分布/幻の村

ステータス/自然発生した怪物「マイナソー」が暴走して成長した存在。

シークレット/口から邪悪な炎を吐いて、この世の全てを焼き尽くしてしまう。

概要

ドラゴンを思わせる風貌の巨大なマイナソー
元々は自然発生した存在だったが暴走し成長、50m級の巨体を持つ完全体へと変貌した。どうやら地球に帰還したドルイドン族の手によりこの姿へなったらしく、彼等に嗾けられる格好でリュウソウ族の村を襲撃。騎士竜が安置された神殿を破壊しようとする。

全体的な外見は王道スタイルの怪獣だが、肩回りや背中・頭部に生えたクリスタル状の角や棘が特徴的。口から吐き出す邪悪な炎であらゆる物を焼き尽くす他、全身より光弾をバラ撒いての広範囲爆撃や角から円盤型のエネルギー波動を放つ等も出来る。長い尾を振り回しての肉弾戦も可能。
反面身体の動きは鈍く、機敏な動きの相手とは相性が良くない。

活躍

経緯は不明だが、地球へ帰還したドルイドン族が征服の第一歩として完全体を生み出し、リュウソウ族の村がある青木ヶ原樹海に送り込む。
そこにある神殿を護っていたリュウソウジャーと交戦、リュウソウブルーリュウソウピンクが使ったノビソウルとオモソウルの力で拘束される。

ところがその裏でタンクジョウクレオンが神殿に侵入した事で騎士竜の力が失われ、リュウソウジャーの変身が解けてしまいリュウソウルの効果も消失。これで拘束が消え相手も弱体化したので光弾を連射して暴れ回り、周辺を無差別に破壊する。
やがて目に映ったメルトアスナを焼き尽くそうと口から炎を放ち、二人を庇ったマスターブルー、マスターピンクを跡形も無く焼失させた。

しかしそこへ騎士竜を目覚めさせたコウ/リュウソウレッドキシリュウオースリーナイツを操って参戦。炎や振り回した尾で抵抗するも、地形も利用しながら身軽に走り回る相手は攻撃を掻い潜り、逆にパーツ換装を用いた飛び掛かってのスピニングニーを喰らった上にキックスラッシュで尾を切断されてしまう。
最後は正面から向かって来る相手へ炎を放つも、スライディングで掻い潜られた上に『キシリュウオーファイナルブレード』をカウンターで叩き込まれて喰らい爆散した。

余談

『屈強な下半身に腕が短い体形』『長い尻尾を支えに二足歩行』と言う、ストレートなゴジラスタイルの巨大戦隊怪人、と言うか怪獣が第1話から出て来るシチュエーションはスーパー戦隊シリーズ史上でも異質な展開と言える。
今作の戦隊ロボが前例の無いスマートなシルエットを持つ事や巨大戦におけるアングル等も相まって、まるで円谷作品を見ていると錯覚した視聴者が続出した。

テレビ朝日公式HPでは当初は名称が「ドラゴンマイナソー完全体」だったが、後に「マイナソー完全体」と変更されている。
またキャラクターの相関図にはおけるマイナソーの項目には「ドラゴンの様な完全体」という記述がある為、ドラゴンマイナソーはマイナソーが完全体に成長し切った際の共通の姿の模様。

関連タグ

騎士竜戦隊リュウソウジャー ドルイドン族 マイナソー
シン・ゴジラ:「大きく裂けた口」「長い尻尾」「全身から紫色の光線を放って周囲を焼き尽くす」という点で一致(※王道スタイルの怪獣である都合、差別化は難しかったと思われる)。

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラゴンマイナソー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1769

コメント