ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

。ぬらなばれけな見を画映

。に為の妹の目番七十―――


概要

2005年9月に発売された、西尾維新の著作。

講談社BOXがまだ無かった時代に、小説が箱型のカバーに封入されている『箱入りノベル』として発売された。


二十三人のを持つ映画館通いの男の奇妙な日々を描く物語。


いわゆる『夢系』『不条理モノ』であり、主人公の日常を淡々と語るだけの内容でありながら、その描写は常識からかけはなれたカオスな表現に彩られ、テーマ性やカタルシスなどを容易に読み取ることが出来ない作品となっている。


箱入りの為か、小説の薄さに対して値段は1500円(+税)と少々高い。


関連タグ

西尾維新

関連記事

親記事

西尾維新 にしおいしん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27112

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました