ピクシブ百科事典

パイソン(被虐のノエル)

ぱいそん

パイソンとは、連載式フリーゲーム「被虐のノエル」の登場キャラクターである。
目次[非表示]

「ただ力を求めて、純粋に、がむしゃらに…。」

プロフィール


一人称
年齢26歳
職業元マフィア
武器拳銃

人物


ボマーの部下であり、かつてラプラスにはびこっていた二大マフィアの一つロッソファミリーの残党の一人。茶髪に茶眼をしていて、腰にはホルスターを着用している。
パイソンというあだ名は「ヘビのように頭が回ってずるがしこいから」と理由でボマーが付けたもの。部下の中では彼とは一番付き合いが長い。常にスマートグラスを身に着けている。
部下の中ではボマーは彼と一番付き合いが長い。

 s9で本名はラウロ・マエストリだといことが明らかにされた。スラッグの回想ではとっくにフーゴの仲間になっており、フーゴに憧れてフーゴがかつてアジトにしていた廃工場に来たスラッグを最初は品格に拘り当時のスラッグ門前払いしようとしたが、フーゴが逆にスラッグを気に入り「弟子にはしないが仕事を手伝わせたらどうだ」と提案されたため渋々スラッグを仲間に引き入れた(その際スラッグより一週間前に来たトードとともにアジト内の掃除などをやらせていた)。かつて若くして起業したが、街の暗黙の了解を破ったことでマフィアに揺すられ、その一員とりマフィア時代に入れた全身の入れ墨のせいで、ファミリー消滅後もカタギに戻れずにいたところで、ボマーに出会ったことが彼の口から語られている。常に長袖で着崩さないのは、マフィア時代に入れざるを得なかった入れ墨を隠すため。

マフィアに入っていたこともあったせいか顔が広く、OCTからの逃亡中かつてのマフィア仲間に家に匿ってもらったりしてもらっていた。彼の身に着けているスマートグラスは熱源探知機能が搭載されており本編では逃げ道を探す手掛かりとなった(しかしこの熱源探知機能のセンサーは動物や機械など熱をもったものに反応してしまう欠点もある)。

関連イラスト


被虐のノエルseason five


フーゴと


被虐のノエル、パイソン



関連タグ

被虐のノエル
フーゴ・ドレッセル
トード(被虐のノエル)
スラッグ(被虐のノエル)

pixivに投稿された作品 pixivで「パイソン(被虐のノエル)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13

コメント