ピクシブ百科事典

スラッグ(被虐のノエル)

すらっぐ

スラッグとは、連載式フリーゲーム「被虐のノエル」の登場キャラクターである。
目次[非表示]

「口には気をつけなよ、お嬢ちゃん。僕らを怒らせると……パナいよ?」

プロフィール


一人称
年齢17歳
武器毒ガススプレー

人物


ボマーの部下の一人。銀髪、銀眼で口元を緑色の布で隠している少年。
スラッグというあだ名は、「ナメクジみたいにジメジメしていて陰鬱だから」という理由でボマーが名付けた。毒ガススプレーを使った戦闘が得意。戦うときはテンションが上がる。

s9では本名はアガタ・フラッツであることと口元の布は顔面の傷を隠すためのものであることが明かされた。フーゴの元に来た経緯は児童養護施設の出身だが、居場所のない施設を飛び出してボマーに弟子入り志願した経緯が過去の回想で明らかにされた。児童施設に入っていた理由は片親だった母親が人を刺殺してしまったとのこと。その為周りから『人殺しの子供』と陰口を叩かれ、最初は我慢して無視を決め込んだが「ただ静かに生きていたかった」本人の意志とは違い、周りは蔑み続けたらしく我慢の限界を超え飛び出したらしい(口元に出来た傷は母親の事で因縁つけてきた相手に着けられたもの)。
 当時は舐められないため虚勢を張り、口調は荒く典型的なチンピラファッションを着ていた(当時の一人称も『僕』ではなく『』だった)。スプレー缶を武器にした理由はフーゴを真似てスプレー缶の爆発作用を利用して爆弾を作ろうとしたため。
本編ではドラッドンの襲撃で地下に落とされ、落ちてきた瓦礫のからフーゴを庇った反動で瓦礫の鉄骨を引っかけてしまい重症を負ってしまう。フーゴ達は敵状を探る途中リベリオ及びスピカに見つかり交戦するもスピカに一蹴されてしまい、スピカはフーゴに「自分の新しい玩具になれば仲間の命は助けてやる」という脅迫の取引を迫る。フーゴは自分のせいで仲間たちが負傷したことに自責を感じ屈服しそうになるが…

「……なにを言っているんだよ、“フーゴ”!!」

「お前は……!誰にも屈さない、“俺”たちのあこがれだろうが……!」

本来なら立っていることすらままならない状態でありながらも立ち上がりスピカの取引に屈服しそうになったフーゴを一喝し鼓舞するという漢気を見せる。
彼のその言葉を聞きフーゴはスピカの取引を断り、手持ちのダイナマイトでスピカたちの足場を崩しその場を乗り切る。しかし無理がたたり限界が来てもう駄目かと思い、フーゴに自分のスカーフとスプレーを託そうとするがそこにノエルたちが現れ何とか一命を取り留めた。

そしてフーゴは再びドラッドンと応戦するがフーゴを鼓舞させるために言った言葉と彼の武器であるスプレーはフーゴをある意味リーダーとしての成長へと繋がらせるきっかけとなる。

関連イラスト


被虐 【17th.】 パロディ多め


カエルとナメクジ



関連タグ

被虐のノエル
フーゴ・ドレッセル
パイソン(被虐のノエル)
トード(被虐のノエル)

pixivに投稿された作品 pixivで「スラッグ(被虐のノエル)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 199

コメント