ピクシブ百科事典

カロン(被虐のノエル)

かろん

カロンとは、連載式フリーゲーム「被虐のノエル」のもう一人の主人公である。
目次[非表示]

「自らの体を切り売りし、血を流しながら黄金の山に頬ずりする・・・・・その光景こそが
最高のショーなのだ!」

タグに関して

タグは識別子のないカロンでのイラストが圧倒的に多いのですが、他作品でも使われている名称の為、被虐のノエル以外のカロンを検索しにくい弊害が発生しています。

その識別もあり、こちらに関しましては、該当のタグを使用しての投稿をお勧めします。

プロフィール


一人称
年齢不明
身長206cm
CV梅原裕一郎

人物

あらゆる願いを代償と引き換えに叶える「大悪魔」の一人。カラスのような頭と赤い瞳が特徴で、燕尾服を着用している。
廃ビルにてノエルにより呼び出され、彼女の願いを聞き入れてステラステージの社長を殺害する。
その代償として彼女の四肢を奪うがその直後、呼び出した本人であるノエルが大悪魔との契約には相応の代償が必要である事を知らなかったこと、そしてノエル自身もラッセル市長やその秘書シビラに利用されていたことを知る。
前々から悪魔の契約を使って汚職を繰り返しているラッセル達への怒りに耐え切れず、屋上から突き落とされたノエルを救い出し、彼女に「手足を返す代わりに共にラッセル・バロウズに復讐する」という取引を持ち掛ける。
冷酷な言葉をかける一方で、ノエルに対して気遣いを見せる一面もある、いわゆるツンデレ
戦闘能力は高いものの、代償により思うように動けなくなったノエルを敵の攻撃から何度も庇うことになるため、よくボロボロになる。
ノエルとは痴話喧嘩が多く、「鳥頭」と言われる事が多い。
最初は彼女の無鉄砲さに振り回されてばかりいたが、様々な戦いを得ながら成長していく彼女の姿に徐々に心を動かされ、現在ではお互いを「一番の相棒」と呼び合う程の関係になっている。

武器

悪魔の鎖を出すことができ、敵との戦闘に使用する。また、建物をよじ登ったり、ノエルを引き上げたりすることが可能。



過去

以降、ネタバレが記述がされています

ゲーム本編未プレイの方は、ゲームの面白さを損なう可能性があるので閲覧のお勧めはできません。
↓記事をスクロールするとネタバレが記載されています。閲覧は自己責任でおねがいします。↓











































八年前、まだ市議会議員だったラッセルに呼び出され、「頂点に立つために自分の用心棒になって共に戦ってほしい」という彼の願いを受け、「市長になった後の破滅の人生」を代償として、彼と隠れ家で約一年の間過ごすようになる。
ノエルとの出会いの時と比べ、当時は悪魔らしい冷酷な性格があふれ出ており、その頃はまだ力の強かったマフィア達と戦うための残酷な戦法をラッセルに考えさせた。
そしてある日、ラプラス市にはびこる二大マフィアと、ラッセルの父であり当時のラプラス市長エラルド・バロウズを同じホテルに居合わせるように仕向け、ラッセルとカロンがそれぞれのマフィアグループを襲撃、二大マフィアの抗争に巻き込まれたように見せかけつつ、エラルド・バロウズを殺害する作戦を決行する。
「野望を叶える事と引き換えに実の父を殺せるか、覚悟を見せてもらう」ために、先にエラルド・バロウズが宿泊していた部屋に乗り込み、彼を気絶させ、ラッセル自らの手で殺させようとする。
しかし予想とは裏腹に、ラッセルが躊躇なく実父の頭を撃ち抜いたことに驚き、彼の変化に喜びつつも疑問を抱き始める。
ラッセルが市長に就任して間もなく、彼が当時始めたばかりの「スケープゴート作戦」に不満を覚え、彼と話し合う。そしてその時、ラッセルが契約の代償を踏み倒そうとしていることを知り、ショックを受ける。
「自分を止めたいのなら今すぐここで殺してみろ」と彼に挑発されるが、すでに彼を「相棒」として情が移ってしまっていたため殺すのをためらい、その場でラッセルと決別した。


関連イラスト

復讐しましょう。
被虐のノエル


大悪魔



関連タグ

被虐のノエル
ノエル・チェルクェッティ
ラッセル・バロウズ

関連記事

親記事

被虐のノエル ひぎゃくののえる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カロン(被虐のノエル)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73557

コメント