ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
パタメット
7
スーパーマリオシリーズに登場するキャラクター。

概要

スーパーマリオブラザーズ3』から登場するメットの派生種。

羽と飛行能力を獲得したメットで、メットに比べると目元が明るくて可愛い。

作品や個体によってはパタパタなどと違い踏みつけても羽が取れず、むしろマリオを乗せたまま飛行し続けるという驚きのパワーを持つ。作品や個体にもよるが基本的に倒せない場合が多く、実質的な耐久力はメット系統のキャラクターの中でも随一。しかし性質は大人しいようで、積極的にマリオを襲ってくるような個体は少ない。


甲羅の色は赤が主流だが、ペーパーマリオ関連は青いものが多い。

ペーパーマリオシリーズのタイプは本家マリオにおけるパタクリボーやパタパタ同様、踏むと羽が取れる設定に変更されてるため、厳密に言えば本家マリオのパタメットとは別物で、それで甲羅の色が違うと考えることも出来る。


その性質から足場として利用できる場合があり、作品によってはパタメットの大軍の背中を乗り継ぎながら攻略する事を前提としたコースも存在する。しかし横側や下側から触れると乗れないどころかダメージを受けてしまう上、体が小さいので足を踏み外しやすく、普通の足場を乗り継ぐより緊張感は高い。また、マリオの体重を支え切るにはパワー不足なのか、すぐには墜落しなくても徐々に降下していったり、逆に踏ん張って上昇しようとしたりする個体がいる。一方でそのまま何事も無かったかのように動き続ける例は少ない。


NewスーパーマリオブラザーズWii』からはマリオ達が足場として背中の上に乗ると、ヒヨコのような可愛い声をあげて上昇するなど、多くのプレイヤー達を釘付けしたことがある。また、連続で踏み続けることで音階を奏でて、1オクターブ分鳴らすと1UPキノコが降ってくるようになるなどより味方感が強くなっている。

この作品から大型個体の「メガパタメット」も登場している。通常のパタメットより数倍も大きく、通常のパタメットとは目つきが異なる。しかし性質はパタメットとさほど変わらず、足場として利用される場合が多い。



注意点

敵キャラというよりは足場として利用するキャラであるため、倒す手段はないように思えるが無敵スターを取った状態の時には撃破することができる


そのため、このキャラを足場として移動するステージでは何があっても無敵スターを取ってはならず、このステージに限って無敵スターこそが最大の強敵となってしまう。


関連イラスト



関連項目

マリオシリーズ メット パタパタ パタトゲメット

概要

スーパーマリオブラザーズ3』から登場するメットの派生種。

羽と飛行能力を獲得したメットで、メットに比べると目元が明るくて可愛い。

作品や個体によってはパタパタなどと違い踏みつけても羽が取れず、むしろマリオを乗せたまま飛行し続けるという驚きのパワーを持つ。作品や個体にもよるが基本的に倒せない場合が多く、実質的な耐久力はメット系統のキャラクターの中でも随一。しかし性質は大人しいようで、積極的にマリオを襲ってくるような個体は少ない。


甲羅の色は赤が主流だが、ペーパーマリオ関連は青いものが多い。

ペーパーマリオシリーズのタイプは本家マリオにおけるパタクリボーやパタパタ同様、踏むと羽が取れる設定に変更されてるため、厳密に言えば本家マリオのパタメットとは別物で、それで甲羅の色が違うと考えることも出来る。


その性質から足場として利用できる場合があり、作品によってはパタメットの大軍の背中を乗り継ぎながら攻略する事を前提としたコースも存在する。しかし横側や下側から触れると乗れないどころかダメージを受けてしまう上、体が小さいので足を踏み外しやすく、普通の足場を乗り継ぐより緊張感は高い。また、マリオの体重を支え切るにはパワー不足なのか、すぐには墜落しなくても徐々に降下していったり、逆に踏ん張って上昇しようとしたりする個体がいる。一方でそのまま何事も無かったかのように動き続ける例は少ない。


NewスーパーマリオブラザーズWii』からはマリオ達が足場として背中の上に乗ると、ヒヨコのような可愛い声をあげて上昇するなど、多くのプレイヤー達を釘付けしたことがある。また、連続で踏み続けることで音階を奏でて、1オクターブ分鳴らすと1UPキノコが降ってくるようになるなどより味方感が強くなっている。

この作品から大型個体の「メガパタメット」も登場している。通常のパタメットより数倍も大きく、通常のパタメットとは目つきが異なる。しかし性質はパタメットとさほど変わらず、足場として利用される場合が多い。



注意点

敵キャラというよりは足場として利用するキャラであるため、倒す手段はないように思えるが無敵スターを取った状態の時には撃破することができる


そのため、このキャラを足場として移動するステージでは何があっても無敵スターを取ってはならず、このステージに限って無敵スターこそが最大の強敵となってしまう。


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • マリオシリーズ考察&二次創作

    【マリオアニメ】小説版アマダアニメシリーズ スーパーマリオ 〜いっすんぼうし編〜

    1989年(平成元年)アマダ制作のOVA「アマダアニメシリーズ スーパーマリオ」の一寸法師編を小説にしてみました。 ちなみに2022年には、マリオのアニメ映画が公開されるそうです。 元ネタ動画↓ https://m.youtube.com/watch?v=lM_Ueui3VQg しらゆきひめ編はこちら↓ https://www.pixiv.net/novel/show.php?mode=text&id=11166672 ももたろう編はこちら↓ https://www.pixiv.net/novel/show.php?mode=text&id=11192435 ネタバレ注意↓ いっすんぼうし編はしらゆきひめ編、ももたろう編と比べるともっともツッコミどころが少なく、原作に忠実です。 ところが登場人物をマリオキャラに置き換えているのは変わらないので、マリオが髭を生やした大人マリオの外見の赤ちゃんとして生まれたり(OVA発売当時にベビーマリオは存在しなかった)、ピーチ姫がいる町が何故か未来都市風だったり……。

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  3. 3

    頼間リヨ

    読む

pixivision

カテゴリー