ピクシブ百科事典

ピサノサウルス

ぴさのさうるす

中生代三畳紀後期のアルゼンチンに棲息していた小型の植物食恐竜。
目次[非表示]

名称

学名:Pisanosaurus
中国名:皮薩諾龍
属名は「ピサノ(人名)トカゲ」から来ている。

概要

全長約1mほどの小型の鳥盤類恐竜である。
他の鳥盤類の恐竜とは、いろいと違いがあり、原始的な特徴を持っていた。頭骨は小さく、頬袋があり、強いを持っていたようである。2本足で歩いていた。後足は長く、走るのが速かったであろう。

関連タグ

恐竜 鳥盤類 ヘテロドントサウルス

コメント