ピクシブ百科事典

フィトンチッド

ふぃとんちっど

樹木が発散する科学物質。森林の香りが付いた商品にも用いられている。

概要

フィトンチッド(phytoncide)とは、微生物の活動を抑制する作用をもつ、樹木などが発散する化学物質。植物が傷つけられた際に放出し、殺菌力を持つ揮発性物質のことを指す。
森林浴はこれに接して健康を維持する方法だが、健康だけでなく癒し安らぎを与える効果もある。フィトンチッドはその殺菌性や森林の香りの成分であるということから良いイメージがあり、森林浴の効能を紹介する際に良く用いられている。(wikipediaより)
ちなみに、オーストラリアのブルーマウンテン山脈(コーヒーの産地の方ではない)の名前の由来は「ユーカリの木が出すフィトンチッドで空気が青く見えるから」である。

植物が他の生き物から身を守る為に出す物質で、の香りなどにも含まれている。
森林の香りを付けた入浴剤消臭剤(原液の香りを嗅いじゃ駄目だぞ☆)にもよく使われている。

甘みにほんのり渋みが効いたような、とても優しく、癒される香りだが、たまにネットのレビューで「お爺さんの香り」「薬の香り」と形容されていたりする。苦手な人は果実ミルクの香りのほうが好きなのだろうか?

関連タグ

植物  森林 森林浴
樹木  植物 光合成
グリーン ハーブ ヒノキ セドロール
香り 癒し

pixivに投稿された作品 pixivで「フィトンチッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3211

コメント