ピクシブ百科事典

フィリップ(サガフロ2)

ふぃりっぷ

スクウェア/スクウェア・エニックスのコンピュータRPG『サガフロンティア2』の登場人物。

概要

フィニー王国・ギュスターヴ12世の次男。ギュスターヴ13世にとっては実弟に当たる。両親のすぐれた術の資質を受け継いだ生粋の術士であり、12世の願う「平穏に王家を継いでくれる跡取り」としては理想的な才覚を持っていた。
しかしギュスターヴ13世が追放され、その時に13世を庇った母ソフィーも一緒に追放されたことを知ると、まだ幼かった彼は心に大きな隙間を作ることになる。そして、やがて13世を憎むことで心の隙間を埋めようとした。城にある一家が描かれた肖像画は、13世の部分だけ破られていた。バケットヒルの戦いでも13世と敵対する立場で参加する(ただし腹違いの兄弟である14世がリーダーだったため戦闘参加は消極的だった)。後に、ギュスターヴ13世がソフィーのアニマを宿していたことを知り、わだかまりも小さくなっていった。
だが同時に、13世追放後にノール侯に任命された彼は、12世の跡取りに必要なファイアブランドの儀式に挑戦しておらず、成人してから儀式に挑戦しようとするも、すでに成長していた本人のアニマ(魔力)に過剰反応して大火傷をしてしまう。
13世のアドバイスで、すでに生まれていた子供フィリップ2世を儀式に参加させることにしたが、儀式の成功とは裏腹にフィリップ2世は差し金不明の暗殺をされることになる。この現場を目の当たりにした彼は、もともと持っていた精神的な脆さもあったのか、狂乱状態になり、ファイアブランドを手にして自暴自棄となり故意に自分のアニマを暴走させ、ドラゴンへと自らを変質させ、もともとの自我を失いどこかへ飛び去っていった。
息子のフィリップ2世を殺したのは殺された異母弟ギュスターヴ14世の残党やカンタールの仕業と言われているが、真相ははっきりとしない。

  • パーフェクトワークスの設定では、エッグの仕業であり、戦争を起こさせて犠牲者を大量に出し、それにより具現化される大量のアニマを吸い取ろうと企み、その火種を作る為に、当時操っていたアニマ教徒を使った。
  • アルティマニアの設定では、逆にエッグの関与を否定されている。カンタールが黒幕じゃないかと勝手に思われないよう、あえて真相が不明になった。

関連

サガフロンティア2

pixivに投稿された作品 pixivで「フィリップ(サガフロ2)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1186

コメント