ピクシブ百科事典

フォスシン

ふぉすしん

『宝石の国』のフォスフォフィライトとシンシャの組み合わせタグ。
目次[非表示]

概要

宝石の国』のフォスフォフィライトシンシャの組み合わせ。

「宝石の国」は、フォスが先生から博物誌を任されシンシャと会うところから始まる。
明るく元気だが硬度3.5で脆く役立たずのフォスと、硬度2ながら聡明で強いが毒があるため孤立しているシンシャ。
近い部分もありながら対照的な2人であり、物語開始時点では会話したことすらもない。

始まり

当初フォスは、夜の見回りという無意味な仕事をするシンシャを自分の部下にしようと考えた。
しかしシンシャを探していたフォスは、いきなり月人に襲われ、シンシャ本人に助けられる。
フォスもまた、助けることはできなかったが毒にも構わずシンシャに手を伸ばした。
結果的にお互いに割れ、フォスはシンシャの持つ毒液が身体に染み付いてしまう。
それでも戦いたくないと言いながら助けてくれたシンシャの姿は、フォスに強い印象を残した。

翌日もう一度シンシャと出会ったフォスは、自分の無価値さに絶望し「月に攫われるのを待っている」というシンシャの本音を知る。
フォスは思わず「夜の見回りよりずっと楽しくて、君にしかできない仕事を僕が必ず見つけて見せるから!月に行くなんていうなよ!」と宣言してしまう。

約束からその後

フォスは自分のした約束の困難さに当惑するが「でも絶対あいつが居なくなるのは嫌だ」と言う。
一方シンシャは、「夜から出たい。無理だ。信じてない」と気持ちを押しとどめようとするが、それでもフォスの残した博物誌の画板を拾い上げて手元に置くことにした。

同い年のダイヤモンドにフォスの事を尋ねられたシンシャは「こちらの迷惑も考えず自分の思いを押し付けてくる」「大嫌い」などと捲し立てるが「フォスに告白でもされたの?」と返されて赤面する。
そして一人になると「嘘つきと言うのだけは待ってやってもいい」と言う。

一方フォスは王に「あのこに格好悪いとこ見せたくないんだろ」とからかわれる。
何だかんだでシンシャの仕事を探そうとするうち、何度もシンシャに助けられたフォスは「次は僕が助けるから」と言う。
そしてフォスは強さを手に入れるが、記憶を失い、シンシャのことも一瞬とはいえ忘れそうになってしまう。

更にフォスは先生と月人との関係に気が付き、これを暴きたいと思うようになる。
フォスはシンシャに協力を求めるが断られ、シンシャはかつてフォスが言った「楽しい仕事」の約束のことを顔を赤くしながら伝える。
フォスはシンシャの協力は得られなかったが「いつもそばで君の審判を聞かせて欲しい」「僕には絶対君が必要だ」と伝えた。
シンシャは「ただ組むだけなら別に…」と帰るフォスの後ろ姿を見ながら呟く。

そして

物語の進行に伴いフォスは記憶を失い、内面・外面ともに大きく変化する。
(フォスは身体のパーツを付け替えるたびに必ずシンシャとも会っている)
そしてフォスとシンシャの関係も変化していく…。

補足

末っ子のフォスに対して、シンシャはフォスより少し年上。
宝石達は基本的には同じ体形だが、途中からフォスのほうがシンシャより背が高くなる。
フォスがシンシャを名前で呼ぶのに対して、シンシャは「三半」「あいつ」などとしか呼んだことがない。


関連タグ

宝石の国
フォスフォフィライトシンシャ

pixivに投稿された作品 pixivで「フォスシン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 480173

コメント