ピクシブ百科事典

フカサク

ふかさく

漫画「NARUTO」に登場するキャラクター

概要

CV:西川幾雄

妙木山の二大仙人の1人で、自来也うずまきナルト仙術を教えた師匠である。
身体は小さいが、仙術で軽々と重い物を持ち上げることができる。
ナルトのことを「ナルトちゃん」と呼び、ナルトからは「じっちゃん仙人」と呼ばれている。
妻はシマ

自来也と共にペイン六道と戦った。その時自来也が最後に残した暗号を木ノ葉に向かい伝えた。その時の暗号は背中に記されている。
その後、ナルトを逆口寄せして妙木山に呼び、仙人モードが使えるようになるまでビシビシ鍛え上げた。
ペインが木の葉隠れの里を襲うと口寄せの術で里に向かい、ナルトと共に再戦を果たす。その際、一度串刺しにされ亡くなっているが、ナルトとの対話に応じた長門輪廻天生の術で生き返った。

仙人モードになった自来也やナルトの肩に合体することが可能で、シマも乗せると蛙の合唱による幻術も使える(シマからは「父ちゃんとデュエットなんて恥ずかしくてイヤじゃ」とあまり好まれていない)。

名前のモデルは深作欣二

関連タグ

NARUTO カエル 口寄せ獣

pixivに投稿された作品 pixivで「フカサク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1143

コメント