ピクシブ百科事典

ブレイブジェットファイター

ぶれいぶじぇっとふぁいたー

ブレイブジェットファイターはアニメ「トミカハイパーレスキュードライブヘッド~機動救急警察~2018」に登場するサポートビークルのひとつ。
目次[非表示]

概要

 機体再強化改良計画『MKⅢ計画』で採用されたマスターバックドラフトを補助する目的で開発されたサポートビークルのひとつ。ドライバーの意見も取り入れられゴウの「空を飛ばせる」と云う突飛な一言からバックドラフトに飛行能力を付与させる方向に傾き、結果的に機動救急警察初の消火救助とシンクロ合体が可能な飛行用のサポートビークルとして採用される。
 基本的な構造はブリッツジェットファイターと同じではあるが、カラーリングは黒に赤と救助組織としては真逆のコンセプトで、飛行翼は高速移動させない通常翼で収まっているものの、様々な消火用具と60tの揚力を生み出す二基のジェットエンジンによる巨大推力を維持する出力が備えられた。

 某国で奪われたステルス戦闘機による貨物列車事故後の攻撃による一報により完成し、ゴウ達の救助が初陣として参戦する。

装備

放水銃(拡散型)

放水銃(連射型)

関連タグ

トミカハイパーレスキュードライブヘッド~機動救急警察~

コメント