ピクシブ百科事典

プラネテテリウム

ぷらねててりうむ

哺乳綱皮翼(ヒヨケザル)目プラジオネメ科に属する大昔のヒヨケザルの仲間。

概要

学名の意味は「天体の獣」。
体長20~25㎝。
食べ物は柔らかい木の葉等。
生息年代は暁新世後期~始新世前期。
北アメリカ森林に生息。
絶滅した古代の植物食動物で、現在はマレーシアに2種が現存するヒヨケザルの祖先だと見られている。ヒヨケザルは非常に長く発達した四肢と櫛のような独特の形状を為す歯列を持つ動物で、その四肢の間には「皮膜」が張られており、これを広げて巧みに滑空出来る。プラネテテリウムも原始的乍ら同様の仕組みと習性を持っていたと推測される。柔らかい木の葉や木の芽、花などを食べる植物食の動物であった。

関連タグ

哺乳類 皮翼目 ヒヨケザル

pixivに投稿された作品 pixivで「プラネテテリウム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20

コメント