ピクシブ百科事典

ヘンリー・ダーガー

へんりーだーがー

アメリカ生まれ、アウトサイダーアートとして知られる『非現実の王国で』の作者。(Henry Darger)(1892年4月12日 ~ 1973年4月13日)
目次[非表示]

概要

幼くして生母と死別し、貧困の中、父の体が不自由だったこともあり、少年期から思春期を施設で過ごす。
周囲の人間と上手くコミュニケーションがとれず、生涯孤独だったという。
それゆえか、その名の正しい読み方が「ダーガー」なのか「ダージャー」なのか、実は定かではない。
十代半ば、父と死別、施設を脱走し、社会に出て以降は病院の掃除夫の職を得る。
19歳の頃より『非現実の王国で』(正式名称:現実の王国として知られる地における、ヴィヴィアン・ガールズの物語、子供奴隷の反乱に起因するグランデコ・アンジェリニアン戦争の嵐の物語)の執筆を始める。
それはダーガーが掃除夫の職を失う73歳を超えてもなお続けられ、死の半年前まで誰にも知られず続いたという。

80歳の時、病気のためにアパートから救貧院に住まいを移す際、家主でアーチストでもあったネイサン・ラーナーがダーガーの持ち物を整理すべく部屋を訪れた時、一万ページ以上の膨大なテキストと数百を超える挿絵から成る『非現実の王国で』を発見する。
ラーナーが訪問前に所持品の整理のことを尋ねた際、実はダーガーは自分の持ち物は全て焼却して構わないとしていたことから、人に見せるべき作品という意識はなかったようであるが、
その作品は、ラーナーを介し、世に広く知られることとなった。
救貧院に身を移してからの約4ヶ月後の4月13日、誕生日の翌日に息を引き取る。享年81歳。
人付き合いに乏しく、その人となりは多くの謎に包まれており『非現実の王国で』の挿絵の少女に陰茎が有るのは生涯童貞だったからとも、戦争に赴く攻撃性の表現とも、単に性癖とも様々な解釈がなされている。

非現実の王国で

子供奴隷制を敷く軍事国家「グランデリア」に立ち向かうカトリック国家「アビエニア」の7人の「ヴィヴィアンガールズ」が立ち向かうと言うのが内容だが、架空戦記とも冒険物ともただのポルノとも言い難い作品である。
作中の挿絵は全てダーガー自身の手によるもので、雑誌などの切り抜きを使用したもの等コラージュが中心だが中には数メートルの大きさに及ぶ挿絵のサイズではないような挿絵まで、とにかく大人しい老人であったと言う、外面からは想像もできない熱意をつぎ込まれた作品で、誰に見せるでもなくその持てる力を注ぎこんだ作品はアウトサイダーアートの典型的例として高く評価されている。
作中自分自身登場人物として登場させ、ある時は少女達の味方で万能超人として出たかと思うと、時には少女達に対する最強の敵として立ちはだかったり、現実で全くいい思い出の無いクリスマスには毎回少女達を敗北させる等、内容は良くも悪くも心の赴くままに書かれたような強烈な物となっている。
余りの長編故に、完全に読んだ人間は研究者を含めほぼ居ないのではないかと囁かれている。

関連タグ

非現実の王国で ヴィヴィアン・ガールズ 黒歴史ノート ふたなり

この記事のカテゴリ

人名 イラスト 小説

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘンリー・ダーガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41100

コメント