ピクシブ百科事典

ペルシャ帝国

ぺるしゃていこく

古代イラン地域に栄えた広域国家
目次[非表示]

古代イラン地域に栄えた広域国家

アケメネス朝年表


紀元前550年、小王国アンシャンの第7代の王キュロス2世がメディア王国を滅ぼし、アケメネス朝を建国する。
紀元前547年、キュロス2世がリュディアを滅ぼす。
紀元前539年、キュロス2世が新バビロニアを滅ぼす。
紀元前525年、カンビュセス2世がエジプトを併合しオリエントを統一する。
紀元前521年、ダレイオス1世がパンジャーブ・シンドを征服する。
紀元前520年、ダレイオス1世がペルセポリスの建設に着手。
紀元前518年、ダレイオス1世がガンダーラを征服する。
紀元前500年頃、ギリシアとの間で戦争を起こす。ペルシア戦争(紀元前500年-紀元前449年)
紀元前494年、イオニアの反乱を鎮圧。
紀元前490年、ペルシア軍のギリシア遠征、マラトンの戦いでギリシアに敗れる。
紀元前480年、クセルクセス1世によるギリシア侵攻(テルモピュライの戦い、サラミスの海戦)。
紀元前479年、プラタイアの戦いでギリシア連合軍に敗れ、クセルクセス1世によるギリシア侵攻は失敗。
紀元前333年、ダレイオス3世、イッソスの戦いでアレクサンドロス3世に敗れる。
紀元前331年、ダレイオス3世、ガウガメラの戦いでアレクサンドロス3世に敗れる。
紀元前330年、ダレイオス3世、逃走中にバクトリアサトラップのベッソスに殺害され、アケメネス朝は滅亡。



サーサーン朝年表

208年:バーバクがパールス地方を統一。サーサーン朝の基礎を起こす。
226年:アルダシール1世がパルティア(アルサケス朝)を滅ぼし、イランイラクを統一。
240年頃:シャープール1世、クシャーナに遠征し、ガンダーラを奪う。
260年:シャープール1世、エデッサの戦いでローマ軍と戦い、ウァレリアヌスを捕える。
350年頃:シャープール2世、クシャーナを破り、再度征服。
363年:シャープール2世、ユリアヌスを敗死させる。
409年:キリスト教寛容令。
425年:エフタルの侵入。
428年:アルメニア王国を廃絶し、サーサーン朝の知事を置く。
484年:ペーローズ1世(英語版)、エフタルとの戦いで戦死。
540年:ホスロー1世、アンティオキアを占領。
567年:ホスロー1世、エフタルを滅ぼす。
575年:ホスロー1世、イエメンを占領。
616年:ホスロー2世(英語版)、東ローマ領のシリア、エジプトを占領。
627年:ニネヴェの戦いで東ローマ・ヘラクレイオス朝のヘラクレイオスに敗れ、クテシフォン近郊への侵攻を許す。
628年:ホスロー2世暗殺、息子のカワード2世はヘラクレイオスと和睦、占領地を奪回される。
637年:カーディシーヤの戦いでイスラム軍に敗れ、クテシフォンを占領される。
642年:ハマダーン近くのニハーヴァンドの戦いで敗北。
651年:ヤズデギルド3世が逃亡先で暗殺され、サーサーン朝滅亡。










関連

世界史

コメント