ピクシブ百科事典

マネー奪い合いゲーム

まねーうばいあいげーむ

マネー奪い合いゲームとは、甲斐谷忍による漫画原作作品『ライアーゲーム』に登場するゲームの一つ。
目次[非表示]

概要

ライアーゲームにて行われた、最初のゲーム。
ライアーゲーム事務局から与えられた金を参加者同士で奪い合うという、最もシンプル故にハードなゲームとなっている。
主人公の神崎直はこの金を誤って受け取ってしまった為に、このゲームを含めたライアーゲームの世界観に巻き込まれていくこととなる。

ルール

①:参加者全員にはそれぞれ1億円が与えられる。
②:全参加者はそれぞれ対戦者としてペアに分けられ、その対戦者同士で金を奪い合う。
③:事務局が与えた以外の金は奪い合い出来ない(金が事務局の物かは通し番号で把握)。
④:参加者はゲームに使う金を奪う為にいかなる行為を行ってもよい。力づくで奪う事も可。
⑤:ゲームに使う金を奪う行為は窃盗とは見なされず、罪にも問われない。
⑥:ゲーム開始から30日後、対戦相手より多くの金を所持している参加者の勝利となる。
⑦:勝者は手持ちのゲーム専用金が賞金となり、全額を自分のものに出来る。
⑧:敗北者は『1億-手持ちの金』の金額分、事務局から借金として負債を請け負わなければならない。
⑨:ライアーゲーム事務局は敗北者の請け負った負債を『いかなる手段を使ってでも』取り立てる。

関連タグ

ライアーゲーム ゲーム

コメント