ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:下地紫野

概要

召喚師アルフォンスらが所属するアスク王国を築いた神竜アスクの眷属の女性。
白い髪に大きな錫杖を持っており、本来の姿は巨大な神。尻尾から光線を放つ。
朗らかで真面目な性格だがマイペースなところがあり、神の眷属であるゆえか、物言いが少々回りくどい。

憑神エンブラが眷属エルムを遣わして動き出したため、アスクによって遣わされ、異変を察知したヴァイスブレイヴ一行と合流することになる。

ユニット性能

アスクの眷属 アシュ(神階英雄)


属性
兵種獣/歩行
武器開く者の角(専用)
奥義緋炎
A攻撃守備の連帯
B攻撃守備の凪3
C開神の眷属(専用)

2021年12月から光の神階英雄として登場。ヒロインなので1体は確実に入手できる。

ステータスは守備と魔防が共に高い守り重視型で攻撃もそれなりにあるが速さはやや低め。

専用武器「開く者の角」は周囲3マス以内に味方がいれば攻撃+6と敵の攻撃-6に加え、範囲内の味方が2人以上で絶対追撃、3人以上で敵は追撃不可と味方が近くにいれば更なる能力を発揮する獣ユニットでは珍しい効果。
化身状態時は同年に錬成武器となったニケと同じ攻撃+2かつ奥義ダメージ+7、キャンセル効果や剛剣などの奥義カウント変動量効果を無効にする。

専用Cスキルは「攻撃の相互大紋章」効果に加え、周囲2マス以内の味方が自身の周囲2マス以内の任意のマスにワープ可能。味方が固まっていると強い性能となっている。

しかし今までのヒロイン枠と違い、獣ユニットであるが故にやや扱いにくい。化身状態を維持したいときは獣か竜を編成に入れておく必要がある。
入れなくても元々のスキルが強力なので1マス離れるだけでも心配は無いが、化身状態のままで戦う時は味方の位置にも気を配る必要がある。

余談

元ネタは北欧神話などに登場するトネリコを指す「アッシュ」。北欧神話においては世界樹ユグドラシルはトネリコであるとされ、主神オーディンの振るう神槍グングニルの柄もトネリコを材料にしていると伝承されており、神話において特別な位置を占める聖樹として崇拝されている。
また、アスク王国/神竜アスクの元ネタである北欧神話における人類最初の男性アスクは神々によってトネリコの流木から創造されたと言われている。
名前をアッシュとしなかったのは、『風花雪月』のアッシュ=デュランとかぶってしまうからだろうか(英語版では綴りが異なる)。

担当声優の下地紫野氏はファイアーエムブレムシリーズ初担当。フィジカル面が強いアイドル炎と光のブレイドを筆頭に勝負師のウマ娘遠野家の妹(リメイク)と連想する者がかなり多い。

関連記事

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレムヒーローズ
牛娘

関連記事

親記事

ファイアーエムブレムヒーローズの登場人物 ふぁいあーえむぶれむひーろーずのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アシュ(FE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 150947

コメント