ピクシブ百科事典

マルメ

まるめ

マルメとは、『キラキラハッピー★ ひらけ!ここたま』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV:豊崎愛生

基本情報

キラキラハッピー★ ひらけ!ここたま』に登場する、物から生まれた見習い神様(ここたま)(以下ここたまキャラ)。
性別は男子(たまごパンツの切れ目がギザギザ)で、本名は「ひらめききらめきまるまるメガネで解決してみせる丸のみこと」。
星ノ川はるか(人間側の主役)の祖父・星ノ川銀造の眼鏡から生まれた「めがねのかみさま」。
「勉強の魔法」を操り、魔法の呪文は「まるまるまるっと ひらめーく!」。

ここたまキャラは動物をモチーフにしたデザインになっている事が多いが、マルメの場合は鳥(種類は恐らくフクロウ)で手や耳が翼の形をしている。
頭に緑色の角帽を被っており、瞳の色は緑色で目の周りが眼鏡の形のように白い。
たまごパンツのマークは黄色の鉛筆で、尻尾は眼鏡の形状となっている。
「ほほー」が口癖で、語尾に「~だ」や「~である」を付けて話す。

初登場は第6話。
桜町(はるかの住む町)に異変が起きるよりも前から誕生しているため、今作のここたまキャラの中ではかなりの古株となる。
「勉強の魔法」を扱い、その場その場で必要な書籍を出現させる事ができる。
はるかと出会う前は一日中図書館に籠って様々な事を調べていたため、銀造が世界一周の旅に出かけた事や、リボン達が生まれていた事を知らなかった。
出会った際に、はるかが「伝説のここたま契約者」として目覚めた事を知り、桜町で起きている異変とその解決法について調べた事を伝え、彼女達と協力する運びとなった。

特徴

お調子者な性格でおだてられやすく、高笑いするとどこぞの忍者のようにひっくり返る。
人間が知りえない独自の計算方法(卵×魔法÷おしりふりふり等)で様々な問題に対する答えを導き出す事ができる頭脳の持ち主である。だが自分の知識や能力に高い自信を持っているだけあって、上手くいかない時はとことん落ち込んでしまう。

発明が得意であり、第7話では「ここたまキャッスル」のピアノの裏に自作した黒板を設置したり、第14話Bパートでは「木馬の車」を4台作り上げ、移動手段の1つとしてここたま活動に役立てた。
反面運動はカラっきしであり、キラキラハッピーシャワーの際に踊るここたまダンスは転びそうで危なっかしい。ある回ではサッカーをやっていたが、その時も気まずい空気が漂っていた(気まずいとは書いたが後述のケンカした件とは無関係です)。でもここたまだからなのか、さすがに通常の魔法を使う時の動きにはキレがある。

前作の知恵袋担当としてはこのここたまキャラがいたが、出生元の関係からか頭脳や知識に関する扱いが異なる。
知識量に関しては辞書のような頭脳の持ち主であるため、向こうの方が上回るかもしれない。こちらは特徴・設定から努力型と呼べる。
ちなみにこの作品同CVのキャラもタイプは違うと思うが秀才設定であり、その影響かは解らないが作中では「ロボ」と呼ばれている。TVアニメ版の放映時期は今作にとってはくしくも最終シーズンの頃だった。

上記説明にないキャラクターとの関係

リボン達と出会う前はペンネピポパ(特徴は登場人物欄を参照)というキャラが桜町におり、マルメと共にここたま活動していた。しかし桜町で魔法が使えなくなり活動もできなくなった影響で引っ越していた。第45話で魔法を使えるのを知り戻ってきている。

前作ではマルメのたまごパンツのマークの物から生まれたここたまキャラがおり、それもそのキャラはかつての主人公格である。

本編中での出来事

あまり活動的でない影響なのか、「桜町まもり隊」(ここたま活動時のはるかとリボン達のユニット)として外出する事は少なく、このせいか2019年春改変期の回以降にCパート(詳細はこの下の項に記載)で出番がなくなっている。
その前の回の本編最後にキャラ変更が告知されていたが、まさかこれがマルメにとってはありがたくない告知になるとは(その時の表記は「どんなここたまが出てくるか、お楽しみに!」)。

しかしその後もキャラ設定のお陰か出番は多めで、主要6人以外でマルメも一緒にいるシーンが何度かある。ニッキーがここたま界へ行く方法を探っていた時には手伝いしていた。
最終話でも「アンティークショップSAKURA」でまもり隊を待っているのと同時にみんなで桜の木に魔法をかけていたが、(駆け付けた前作主要ここたまキャラも含め)その中のリーダー格のようになっていた。

あと説明は難しいが、他の今作ここたまキャラとは少々違った空気を放っていた。一番身近感があるというか、悪い言い方すると他のキャラはマルメ以上にいわゆる "作品の駒" 感があったからである。
またネタ・イジリキャラとして使うのも面白いのかもしれない(向いている気がする)。勿論公式はそんなつもりないだろうし、こんな発想すらなかったのか実際の本編でそのような描写は恐らくほぼないが。

Cパートに関して

Cパートでは各週レギュラー格ここたまキャラ6人のいずれかが登場しそのキャラが喋るコーナーとなっており、最初期にはマルメも出ていた。しかし春改変期からは半数が後から 登場 したここたまキャラに差替えられた影響で、彼には出番がなくなってしまった。
されたここたまキャラと後の3人は1人を除いてまもり隊時にほぼ必ず外出しており、残り1人も活動的ではないものの後期の展開でキーとなるここたまキャラである。
なおマルメのその時の表情は、何故か威張ったようなものとなっていた。

こんな展開もありえた?

マルメが登場したシリーズは前作からここたまを含む全てのキャラが総入替えされた状況になっている(世界観は繋がっていたようで上記の通り最終話のみ前作メンバーが登場したが実質特別出演のような扱いである)。という事は何を意味するかと言うと、(当然実際はそんな事なかったと思われるが)みんな新規であるが故にあまり注目されない状態からのスタートだったかもしれない
ではもしそうなっていたらマルメはどんな状況になったか? 実はそんな事態になっても案外ウケたかもしれない。理由は先述にもあるようにネタ・イジリとしては使えそうだからである。
例えるならブサイクでなくした芸能人のこの方みたいな感じだろうか。あとマルメよりかなり性格面で難はあるが、約半年後に登場したこの作品このキャラを緩くした感じともいえるかもしれない。

この記事を読んだ人は、今からでもやって見ます? 具体的には他作品のパロディMADと言ったところか。あとこの時点で流行りの(どちらかと言うとターゲットの方で)この番組のような事をやらせても良いかもしれない。
いや逆に放映が終了した今、こうしないとマルメに仕事ないかも。後継作にも出番ない事だし。更に言うと出番があったとしても、そもそも放映5分なので格上メンバーですら映る時間は非常に短い。

CV(声優)に関して

CVは人外キャラとはいえ男子役になるのは珍しい人である。他キャラの声との大差はおそらくそれほどないが、いつもよりは男子声と言えなくもない。
なおここたまキャラでは他にも男子メンバーで珍しいCVになる事が多く、前作ではこんなネーム該当キャラ)が出てきた事もある。

ここたまシリーズでは最初のキャラではなく、初出演は先代ここたまのこのキャラ役だった。マルメはシリーズ2人目(正確には前作でこのキャラもいたため3人目)となる。なお以前のキャラは女子な上に実質2番手(つまりマルメよりかなり格上)だった。

「まほうのたまご」(春改変期以降に登場した卵の形状をした物)には音声装置があり、台詞は主に新しいここたまキャラを認証した時にある。CVはこの人であるためマルメの人ではないが、偶然にも声も口調もマルメそっくりである。
なおこのCVは今作がシリーズ初だが、その今作ではこの人と共に色々なキャラで出演している(メインははる かの親友)。

トップ絵を見て既に感じた方もいるかもしれないが、見た目はどちらかと言うと女子っぽく先述の通りCVも女子キャラメインの人のため、ファン以外には結構な人数に間違えられたかもしれない。なお逆にファンは最初にキャラ絵を見た時点でも間違えた人はほとんどいないと思われる。理由はたまごパンツの形状である。
なんて言ってたら、この作品みたいに擬人化したら普通に男子な姿なのかもしれない。公式が女子っぽくしたという事はまずないだろうしね。

当百科内での扱いに関して

これを書いた編集者だけの数字ではあるものの、今作のキャラ別記事ではトップクラスの編集量となっていた。しかし決して理由はネタやイジリ的要素だけではなく、意外にも正統派特徴も濃いからである。

なおリボン達(後期からの)主要格を抜くと実質1番出番のあるここたまキャラとなるが、これに関しては偶然である。いや、出番多いという事は公式にとっても使い勝手は悪くないと言えなくないのかもしれない。
あと本人からも一言、「決してアクセス数稼ぎのためだけではないのだ!」。

但し今作(作品)のファンなだけ、という人にとってこのキャラへの "興味" は大したレベルじゃなかったんだろうね。なので特徴が濃かったところであまり当てにならないのかもしれない。

アクセス数

編集量が多くなる前は今までマルメと同じく男子でかつ春にランク降格したライオン君にも下回っていた(それも結構な開きだった模様)。しかし上記の編集量の影響か、2019年9月末時点では約100差になり、その直後に抜いた事を確認した。
しかし少し残念な点があり、放映終了までのライオン君超えは果たせなかった(ちなみにもう少し早くこの編集者が携わっていれば間に合ったかもしれない)。
もう少し頑張れば今後はこちらも春降格組であるお姉さん系ここたま(これ書いた時点で4200ぐらい)超えも全く不可ではない、かな? ちなみに主人公のアクセス数とは半分以下である。

あと未来人ここたま(女子)ともそれ程差はない事も確認されている。当記事が途中から更新を繰り返しているとはいえ、未来人及び今作の人気低迷疑惑という観点から悪い意味で僅差なのかもしれない。
結果的には同じ境遇の忍者ここたまツンデレここたまと比較すると出番は少なかったけど、そもそも放映終了までにもっと稼げなかった事が原因と言える(忍者も稼げてないがこちらは男子なのでまだ理解はできる)。
なお放映終了後はマルメと同じ境遇になってしまったため(最悪出番なし)、稼ぎはほとんど望めないかもしれない。実は後期主要格で唯一なのだが、現時点で理由は不明。

結論から言うと、出番の多さを考えればもっとカウントされていても良かったはずである(今まで出番が多いとはいえないライオン君にすら僅差でなかったのは誤算)。あと今作で数少ない主人公のはるかを呼び捨てしないキャラであるのも注目に値するのでは(下記に詳細あり)。

上記以外のこのキャラに関する事

長年のここたま活動によって桜町の住民を一人一人把握しており、自作の辞書から検索して住所を特定できてしまう
個人情報がマルっと筒抜けである

黒板は説明・解説と同時に使っている時があるが、板がない時や板があっても範囲内に書けなくなると床などに書いたりするようになる。ある回ではリボン達の顔に書く時もあった。あとはるかと合ってからも1人でいる時は基本的に何かの研究に没頭している模様で、ケンカ中でも怠っていなかった。

主人公キャラには呼び捨てしておらず、「はるか君」と呼んでいる。先述のレギュラー格6人(まもり隊)は全て呼び捨てであり、それ以外のここたまキャラにも多く確認されており、捨てなさそうなこのキャラこのキャラ等も例外ではない。なお前作ではちゃん付け等のここたまキャラがそれなりにいた(なお同CVここたまキャラもちゃん付けだった)。

いいともこのグループこの曲の替え歌で、「仕事ない○○~(○は芸能人の名前で上記のリンクと同一人物)」というものがあった。マルメも放映終了後にご存知の者からこんな風に言われてるのだろうか。

関連イラスト

ヒラメキマシタ
マルメくん



関連タグ

ひらけ!ここたま
星ノ川はるか リボン ピロー ちゃこ
ペンネ ピポパ
ここたま 神様 人外 眼鏡 フクロウ
平成ここたま 令和ここたま

関連記事

親記事

ひらけ!ここたまのここたま一覧 ひらけここたまにでてくるここたまのいちらんだよ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マルメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18214

コメント