ピクシブ百科事典

おジョウ

おじょう

おジョウとは、『キラキラハッピー★ ひらけ!ここたま』に登場するキャラクター(ここたま)である。 ミツバチをモチーフにしている。
目次[非表示]

概要

CV:かかずゆみ

キラキラハッピー★ ひらけ!ここたま』に登場するここたまで、本名は「じょうろでジョーっとすくすくパッカーンのみこと」。
じょうろから生まれた「じょうろのかみさま」。
「植物を成長させる魔法」を操り、呪文は「ジョジョジョ すくすく さくんだジョー!」。
性別は♀。

頭に蜂の触角のようなものがあり、瞳の色は青緑色で、額にはメロリーのものに似た渦巻き状の前髪らしきものがある。
たまごパンツのマークは双葉で、尻尾はじょうろの注ぎ口の形状をしている。
他にも、ここたまでは珍しく背中に羽根が生えているが、コレを使った自立飛行は出来ない模様。
また、喋り方に訛りがある方言キャラで一人称が「うち」である他、発言の随所にジェネレーションギャップがあり、語尾には「~ジョ」を付けて話す。

初登場は第8話。
「桜町まもり隊」の活動で桜町の外れにある山へ来ていたリボン達が、はぐれてしまったはるかを探している途中で出会った。
山奥で人知れず生まれ、植物のお世話をしながら町を転々として旅をしてきたここたま。
はるか達と出会った後は、第9話のAパートで「アンティークショップSAKURA」を訪問して「ここたまキャッスル」の前に花壇を作り、それ以来山と店を行き来するようになった。

第37話のBパートでは、お嬢様繋がりという事でティアの麗しさと上品さに惹かれて彼女と知り合い、はるか達が外出中であったためティア共に「桜町まもり隊」を行う姿が見られた。
最近おジョウの出番が少ない事に嘆いていたおジョウファンにとっては何とも嬉しい回である。

ちょっとした事で感動・感激してしまい、涙を滝の如く溢れさせて辺りをあっという間に水浸しにしてしまう。
高ぶる感情を抑えるために、スコップで地面を掘って自ら土に埋まる事で気持ちを落ち着かせる。
田舎生まれなためか都会に憧れており、リボン達の事を「ハイカラなここたま」だと感じているらしい。
動物と意思疎通(本人曰く、動物の気持ちが解る)でき、それによって前作では敵だったカラスや猫を移動手段として使う事が出来る。

「植物を成長させる魔法」を扱い、辺り一面にキノコを繁殖させたり花を咲かせるのはもちろん、種の状態から一気に開花させたりなど、植物の育成に関する事なら一通りこなす事ができる。
しかし彼女の魔法をもってしても、「アンティークショップSAKURA」の桜の木を咲かせる事はできないようである。


余談

扱いについて

おジョウは『ひらけ!ここたま』の公式トップやクイズページなどに描かれている一方で、登場キャラ一覧では元々掲載されていなかったキャラクターであり、アニメ放送開始直前になって初めて追加されたという経歴がある。
ところが、アニメ本編では第10話で登場したパントニオを差し置いて先に登場した(OP&EDではどちらも第1話から出ている)一方で、ED後のミニコーナー「ここたまみーつけた」では登場しなかったり(パントニオは登場していた)、EDのクレジットではゲストここたまよりもずっと後に「おジョウ」の名前が表示された回があったりと、このキャラクターの出し方はかなり特殊だったりする。
感覚としては、レギュラーと準レギュラーの中間といった具合なのだろうか。
ただし、他のここたま達と違って「ここたまタウン」で住んでいないためか回を経る毎に徐々に出番が少なくなり、最近では登場する事自体が珍しいレアキャラクターとなってしまっている。
第37話でようやくタウンの正式な住人となったが、果たして……。
因みに同話でおジョウが魔法のタマゴに住人登録した際に、はるかから「まさかおジョウが登録してなかったなんてね」っと一種のメタ発言?な台詞がある。

中の人について

中の人は前番組『かみさまみならい ヒミツのここたま』でおシャキ四葉こころの祖母を演じていた。
おシャキに対しては、名前のテイストが似ているという面もある。
第55話の本作の最終回ではおシャキとの共演が実現された。

関連イラスト

おジョウ
センシティブな作品


おジョウがいっぱい
おジョウさん



関連タグ

ひらけ!ここたま
ここたま 神様 人外 如雨露 方言

関連キャラ

星ノ川はるか ティア
メロリー:前番組『かみさまみならい ヒミツのここたま』に登場したここたまで、魔法使用時に歌う共通点がある。

関連記事

親記事

ひらけ!ここたまのここたま一覧 ひらけここたまにでてくるここたまのいちらんだよ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「おジョウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13892

コメント