ピクシブ百科事典

ナーチュ

なーちゅ

ナーチュとは、『キラキラハッピー★ ひらけ!ここたま』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:愛河里花子

キラキラハッピー★ ひらけ!ここたま』に登場するここたまで、本名は「チューっと元気を注入しますのみこと」。
クリニックの看護師が大切にしている注射器から生まれた「ちゅうしゃきのかみさま」。
魔法の呪文は「ナーチュのお仕事 チュッチュッチューッ!」。
性別は♀。

ナース帽を被っており、瞳の色は黄色に近い茶色で、ロングカールの髪型とジト目がトレードマーク。
たまごパンツのマークは黄色のカプセル剤で、尻尾は注射器の形状をしている。
また、容姿と名前は文字通り「ナース」だが、肩書としては「医者」である。

登場は第20話のAパートから。
ここたまの病気「こまっくり」が10年一度の大流行をみせ、桜町の遥か北の地域にて発生した「こまっくり前線」を追っているうちに桜町に辿り着き、こまっくりになってしまったリボンピローちゃこの前に姿を現した「医者ここたま」。
前線が北の地域で発生していた一方、南の地域でも発生した前線を追っていたのがドクドクターであり、桜町で2つの前線がぶつかって停滞したため彼と出会う事となった。
最初は、ドクドクターとどちらが先にこまっくりを治すかで患者(リボン達)の奪い合いをしていたが、互いにロック好きで波長が合う事に気付き、更に第21話で同じクリニックで生まれたここたま同士である事も判明し意気投合した。

ドクドクターと出会って以来、彼と共に「ここたまクリニック」で医療活動を行う事となり、第22話では赤ちゃんここたまのツーミーキーが助手として加わった事に喜ぶ姿も見られた。
また、第24話ではツーミーキーの面倒をしっかりと看ていなかったドクドクターを叱りつけるシーンが登場し、さながら母親のような立場のキャラクターとなった。
しかし、ツーミーキーの3人からはあまり慕われていない模様で、その都度口にハンカチを加えて泣くシーンが見られる。

クールで冷静な性格で、口数が少なく物静かな佇まいが特徴。
普段はドクドクターと共に医者としての使命を真っ当しているが、生まれたクリニックではいつもロックが流れていたためロックがお好きで、心臓の音のリズムを聞くと次第に耐え切れなくなり、2人とも「イェー!!」っとロックネタが炸裂する。
因みにネタの炸裂時には顔の薄いベージュ部分の肌が真っ白になり、瞼には独自のファイヤーパータンが入って専用のギターを持って弾きながら叫ぶ。
他にも、第22話でツーミーキーと初めて会った時に「かわいい」と言って大層気に入るほどの子供好きだが、不器用な一面が災いして子供を上手く扱えず、前述の慕われていない状況となってしまっている。

ちゃこのこまっくりを呼吸法で治療し、リボンの病状もドクドクターと協力してロックによるショック療法で治してみせるなど、医者としての技量は本物である。

第47話ではリボンとらんにんと合体魔法に挑戦したが、本人が暴走してしまった。

仕事

普段、ここたまクリニックではドクドクターからカルテを渡されて「お薬ガラポン」という物を使ってお薬を支給するという仕事をしている。
患者がここたま以外でもお薬を支給することができる(ここたまクリニックが初登場した21話はブッチ、34話ではインコのエレーヌ)。
薬は本人が飲んでしまうと暴走してしまうらしい(リボン達が性格が反転する病気「ころったま」に掛かった際にはドクドクターと共に治療に当たっていたが、ドクドクターがころったまに掛かり、ナーチュがころったまルビー&パトルとの乱闘の末にころったま治療用の薬を飲んでしまい、結果その薬の作用でナーチュのロックモードが大暴走して一気に収集が付かなくなってしまった…というほどである。第51話ではドクドクターがそうなってしまい、本人がおしおきをするということにまでなっている)。
第51話ではここたまタウンのここたまが急激に増えたことで正しく薬が支給できなくなりそうとリボンたちに相談しに行った。

余談

生まれたものについて

ナーチュは「注射器」から生まれたここたまであるが、本来注射器及び注射針は複数人で回し打ちすると感染症を引き起こす危険性があるため、現在では1度使用した後は廃棄しなければならないとされている。
だが、一方で物を大切にすると生まれる生命体が「ここたま」であるため、使い捨てされる運命にある注射器からここたまが生まれるという現象は矛盾しているという事となる。
故に、ナーチュが生まれた注射器は、まだ回し打ちが認可されていた時代のものか、何らかの理由で保管されているものか、もしくは使用されるまでに長い期間がありその間に看護師から大切にされていたものである事などが推測できるが、生まれた経緯とその真相は謎である。

中の人について

中の人は前番組『かみさまみならい ヒミツのここたま』ではゲラチョと北山峰子を演じていた。
39話と47話の本人の暴走の件については、ナーチュの声質で完全にゲラチョを思い出した視聴者もいただろう。
第25話Aパートのサブタイトルが「ナーチュ ママになる⁉︎」となっているが、中の人は現実の母親である。第55話の最終回では彼女とゲラチョの共演が実現された。

関連タグ

ひらけ!ここたま
ここたま 神様 人外 注射器 医者 ナース クール ロックンロール

関連キャラ

星ノ川はるか ドクドクター ツーミーキー
ホットニー:前番組『かみさまみならい ヒミツのここたま』に登場するここたまで、前作の「ナース枠」とハイテンションモードがある共通点を持つ。
レンジ:前番組『かみさまみならい ヒミツのここたま』に登場するここたまで、ギミックが発動すると顔に模様が現れる共通点がある。
ピンコ:前番組『かみさまみならい ヒミツのここたま』に登場するここたまで、相方との関係性と子供ママ役の共通点がある。

関連記事

親記事

ひらけ!ここたまのここたま一覧 ひらけここたまのここたまのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ナーチュ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ナーチュ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51825

コメント