ピクシブ百科事典

ここたま(ヒミツのここたま)

かれらのひみつをしょうかい

ここたまとは、『かみさまみならい ヒミツのここたま』に登場する、物から生まれた見習い神様の総称。
目次[非表示]

【曖昧さ回避】

「ここたま」には以下の意味がある。

  1. アニメ『かみさまみならい ヒミツのここたま』の省略形、及び作中での見習い神様の総称。
  2. ゲーム『アーマード・コア ヴァーディクトデイ』において、登場人物が発したセリフを略したもの。

本項は1の「かみさまみならい ヒミツのここたま」に登場する、見習い神様の総称「ここたま」のキャラクター視点の詳細を解説する項である。
ゲーム側の解説については、『ACVD』における項目を参照のこと。

概要

ここたまとは、2015年夏頃に確認された、バンダイ界『かみさまみならい ヒミツのここたま』(実際はメディアミックス作品でメインはアニメ)に住んでいる、物から生まれた見習い神様の総称。

どの個体も小動物のような姿をしており、「たまごパンツ」(体の下部の白い物)のマークやシッポなどが誕生した物を意識したデザインになっている。

作中での本名はどのキャラも異様なまでに長いため、わたしたちの世界では略称が正式名称ということにされている。
本名の最後は「~のみこと」で締め括られている。

基本どのここたまも他のここたまを呼び捨てにしている(なおこちらも略称である)。
人間相手には違う場合あり(作中ではちゃん付けが多い)。
例外としてはピンコレンジなどにさん付けである。

パンツ

ここたまはたま仙人以外、全員下半身には先述の「たまごパンツ」を履いており(因みにたま仙人以外は褌)、上側のフチの形状がギザギザであれば男子(或いは♂)・波線型であれば女子(或いは♀)っとここたまの性別の判断基準となっている。

たまごパンツはここたま本体と着脱可能でここたまが人と契約する際に少し脱いで契約書にハンコを押したり、某ネコ型ロボット四次元ポケットのように、「たまごパンツ」から物を取り出すことができる(大きな物でも可)。
物語中では、各ここたまの誕生した物に関連する道具であることが多い

また前後逆に履くことも可能で更に作中では枝や動物によってパンツがずり落ちてここたまのお尻が見える場合がある…が、尻尾をどうパンツに通しているのかは明確には描写されていない。

正直、これに関しては公式から何らかの詳細を言及して欲しいところである(ちゃんとした設定判明させたいため)。

特徴

同じ物でも大切に扱われている物からの方が、ここたまは生まれやすいとのこと。
そのためか、彼らは一人前になる目的以前から、誕生後は人間を幸せにするためにひっそりと行動している。
また誕生前(物の状態)でも記憶はあり、そのような人物を尊敬していることが多い。
例外としてノラたまトリオなどもいるが、これは少数派である。

見習いではあるが魔法が使えるため、すでに人間にはできないことが可能である。
「ここんぽいぽいここったま!」と言った後に、各ここたま個別の呪文を唱えることで魔法を成立させる。
一人前になると、前者の共通呪文だけで可能になるらしい。
呪文名は各ここたまの誕生した物に由来している場合が多い。

植物や食品から誕生したここたまは、現在のところ確認されていない(不明なここたまは除く)。
キャラ設定を知る人ぞ知るモグタンや、「如何にも」な名前のダシマキも食べ物からではない(前者はフォーク・後者は勉強机)。

一人前になるためには、「ハッピースター」という人間を幸せにしたときに出る星をたくさん集めるのが条件とされている(ちなみに見た目は某ゲームの星ほぼまんまである)。
「ヒミツのけいやく」を交わしたここたまは後述の掟を厳守していても、この星が不足していた場合契約更新に暗雲が漂い始めることになる。
もっとも一応一人前ここたまの仙人が勝手にそうした(そのような言動を行っている)だけかもしれないが。

ヒミツのけいやく

以下の内容は現時点では、あくまでバンダイ界側が公言しているだけのものである。
そのため絶対そうなのかどうかは、我々わたしたちの世界では解らない。
しかし、ここたまの日本版アニメスタッフは、その掟を忠実に従っている。

1.けいやくを むすんだ ここたまは
にんげんの ねがいごとを かなえる
おてつだいを しなければならない
2.にんげんは ここたまの ヒミツを
まもり おせわを しなければならない

(玩具の「ここたまけいやくしょ」より)

ここたまは基本的に人間に姿を見られてしまった場合、物の姿に戻ってしまう。
ただし、人間に見られた場合でも、その人間がその日の24時までに「ここたまハウス」というここたま用の家を完成させ、「ヒミツのけいやく」が成立させれば物に戻らずに済む。
こうして、ここたまと「ヒミツのけいやく」を結んだ人間のことを「契約者」と呼ぶ。
ただ、この場合も家を完成できなければ、日付が変わった時に物の姿に戻ってしまう。
また、「ヒミツのけいやく」が成立させても、契約者以外の人間に見られてはいけないことは変わらない。
そのため、ここたまたちは気付かれないよう、自分の「かくれたま」や着ぐるみに入って身を隠したり、契約者であるかどうかを凝視して判別する能力を持っている(ちなみにその時にはすごく睨んだ顔をしている)。
(「かくれたま」の見た目は完全に現実の卵同然であり、かくれたまに入っている状態では見られたことにならない)
なお契約者の人間をここたまが見た場合、左右の頬に卵のようなものが付いている。

動物に見られることは問題ないが、反面犬や猫などはサイズが違い過ぎるためか、別の意味で天敵に成り得る。
なお動物とは違い普通に喋れる(本作ではここたまは可で動物の大半は不可)。

第28話(Bパート)では、いわゆる「各自ご想像ください」な展開がなされており、これは本作(60話終了時点)としては非常に珍しい。
演出方法は「もう見られていてもおかしくない状況だったにも関わらず、その場面が突然変わっていつの間にか難を逃れた」というものだった。

現実での世界では・・・

国としては日本で反響を呼んでおり、特に就学前後の女子に受けたのかその性別及び年齢層向けの玩具が多数発売されている。
玩具は各ここたまキャラのかくれたま同梱のドール(ゲスト格等一部は未発売)やここたまハウスの模型などがあり、ここたまハウスは付属品として家具や家の設備などがある。

本作を代表する食品としては生マシュマロが登場しており、作中で作っている時に使用する機械が玩具化されている。
生マシュマロ自体は本作から誕生した訳ではないが、本作で取り上げられたことにより多くの一般人(何より就学前後の女子)に認知されたのかもしれない。

2016年下半期には玩具以外にも多くのジャンルで商品化され出している。

TVアニメ版

本作でも3DCGが使用されることがあり、ここたまがこころ側のここたまハウスにいる時などに3D化することがある。

作中の物語内では、ほとんどのここたまがこころの住む街で誕生している。
Wikipedia版では過去に「この街に誕生しやすい等の公式言及はされていない」と書かれていた。
恐らく実際は、ほとんどの場面でこころの住む街しか出てこないため(つまり単なる偶然)と思われる。

アイキャッチや物語中の最後に流される「ここたま占い」(占いコーナー)では、第77話以降の新章に入るまで6人しか登場しなかった。
新章後は第2四葉家ここたまの3人と新章から登場の新レギュラーここたまの加入が確認されていた。

尺の都合で魔法シーンが共通呪文(「ここんぽいぽいここったま」と言う部分)しか流されない場合があり、実際はかなりの頻度でカットされている。
尺を伸ばすためか共通のセリフや場面(変身シーンなど)がある場合、いつも(こちらに比べ非常に長くても)ほとんど全部流すアニメもある中、本作では物語制作に気合いが入っているのか先述の通り逆転現象が発生している。

2年目になった最初の回では、遂に劇場版が公開予定であると発表された(公開は2017年4月28日)。
たまごっち!」も同時上映されているが、こちらの方がメインと見られる。

占いコーナー(TVアニメ版)

各回6人のうちの誰かが登場し、同じここたまでも回によってセリフが違っている(内容のセリフはその回の本編に関係していることが多い)。

新章からは「きょうのここたま占い」っと名称を変更して継続し、既存の6人に加えてミシル・サリーヌ&パリーヌ・ライチが占いメンバーが追加された。
また6つのたまごから正解のここたのを当てるから4つのたまご(青色のスペード・赤色のハート・緑色のクラブ・黄色のダイヤの4つ)の中に10人の内、誰が入ってるのかに変更された。
一件たまごの選択肢が減った為、前回より当てやすいと思われがちだか、10人中実際は入ってるここたま+そのここたまが入っているたまごの背景色を当てる形になり、更に入っているここたまはやたら捻ってくるパターン(その回で殆ど出番が無いここたまが占いで出てくる等)と単純にストレートに出してくるパターンがあり(コレは新章以前からあり、新章からは背景色にも同様のパターンが見られるようになった)、難易度が大幅に向上している

連動データに対応しており、放送中に誰が出てくるか(新章からはリモコンの色ボタンから1つ)選択することが可能で、同時にプレゼント応募もしている。

ジュエルペットとの関連

ここたま&ジュエルペット


ジュエルペット』とは小動物繋がりという点で共通している(なおキャラデザインは向こうの方が明確に実在する動物を意識している)。
また、影が薄い部分ではあるかもしれないが、本作が開始した時期はこの作品最後の1クール(シリーズではなく作品自体の最後)でもあった。
その時のシリーズの詳細はこちら
なおシリーズは7つもあり、期間も全部合わせると休みなしで約7年あったが、本作との期間は地味なぐらい被っていなかった(しかし後番組では…)。

もっと現実的な話

ここたまによっては本名が判明していないが、キャラによってはもしかすると公式に用意すらされてないのかもしれない。
更に、ごく少数ではあるが誕生した物も判明していないキャラもいる。

ここたまの種類が増えた影響か、TVアニメ版では2年目が近づいたあたりからここたま主人公であるラキたまですら出番のない回が出始めている。

ここたまハウスの付属品の中には、まさかの恐らくアニメで演出のないトイレまで存在する。
店によっては本作の玩具が半分ほどしか扱われていない場所も(ちなみにごくまれに全くなかったりほとんどハウス本体のみな場所も)あるが、何故かトイレはよく置いてる気がする

人間キャラの「わたしたちの世界」での人気は契約者と契約者以外でかなり格差がある。
特定の設定次第で格差が出るのはそれほど珍しいことではない(と思われる)が、問題は本作でもその例に漏れてないがために、契約者以外の誰もかれもが悲惨なものになっている
(公式には失礼かもしれないが、少し不名誉なこと)
その反面、少人数だと思われるが四葉家ここたまの言動(こころの言うことを聞かずに勝手にいなくなる等)によりこころのことを心配した者(或いはこれを書いた編集者も詳細はわからないがここたま達を気に入らなさそうな者)を中心に、ここたま達を敵視している人もいる模様。
すぐ下の絵でも冗談交じりだとは思われるものの、四葉家ここたまを「クズ達や害獣」と称している物も居たが、最近はここたま活動により1期の頃り様な暴走度合いは大幅軽減されている。

ここたまの説明



今後テコ入れで有り得るとすれば、契約者の家族や親友がここたまを見ても良い設定に変更されるのかもしれない。
条件は「ハッピースター一定以上収集」とかになるのだろうか?
上記のテコ入れの場合、内容的に人気低迷した時か人間キャラ総入替えの時が可能性高い気がする。
こころの場合、親友であるひなあやかはこころへの理解も深いため、すぐに浸透しそうである。
また先述の2人に限らず、ここたまを知る人物になればリアルなキャラ人気も上昇すると見られるため、一部のファンからやって欲しいという声もある。

関連動画

ここたまたちのキャラクター紹介

別表記

ここたま(架空の神)

関連タグ

ヒミツのここたま
神様付喪神人外 ケモノ

映す価値なし:(こちらにはまだ該当者はいないものの)「消える」という点で共通している。

pixivに投稿された作品 pixivで「ここたま(ヒミツのここたま)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1807

コメント