ピクシブ百科事典

ミラルパ

みらるぱ

宮崎駿著「風の谷のナウシカ」に登場する人物。物語前半にナウシカと敵対する。
目次[非表示]

ミラルパとは、宮崎駿著『風の谷のナウシカ』に登場する架空の人物である。

人物

土鬼(ドルク)諸侯国連合帝国神聖皇帝(皇弟)
表向きは皇兄ナムリスと共に兄弟で帝位についているが、実際には超常の力を背景に実権を一人で掌握している。
僧侶の衣装を纏い、大量の目が描かれた覆面をしている不気味な男。
相当の巨漢であり、対比にもよるが身長は2メートル近いと思われる。
覆面から覗く素顔は中々の美丈夫だが、後述する理由により空気に触れていると短時間で老化する。

ナウシカ曰く「生きている闇」。セルム曰く「闇から生まれた者」。

土鬼諸侯国連合帝国は多民族国家であり、常に民族間の紛争の危機にさらされているが、ミラルパは宗教の力で多民族を一つにまとめていた。

超常能力者の代名詞とも言える存在であり、作中では巨神兵やヒドラ以上に多種多様な能力を披露した。
念動による衝撃波で攻撃したり、相手の心を読んだり、その気になれば幽体離脱して遠方にいる敵の元へ移動して直接心臓を握り潰すこともできる。
ちなみに、幽体離脱中、刺すように冷たく焦げるほどに熱い「闇」をまとっている。この闇は、永年に渡ってミラルパに蓄積した凄まじいまでの苦しみが具現化したもの。
ミラルパが土鬼の最高権力者として君臨できたのはこの超能力のおかげとも言える。一方で、兄ナムリスに実権がなかったのは、こうした力を生得していなかったからとのこと。

本編では狂気を秘めた独裁者として描かれるが、100年前はナウシカのような徳の高い人物だったと言われ、ナムリスまでもが名君と評す程に優れた君主だった。ところが、帝位に就いて20年以上が経過した頃、愚かなままの民衆に絶望し、徐々に現在のような恐怖政治に移行していった。

とは言え、独裁者に成り果てた後も、身分を問わず能力を重視した人材登用を実施していた。そのため、チヤルカを始めとして少なからず臣下から慕われており、墓所の主に仕えるべき一部の博士からも真の忠誠を得ていた。

「帝国の分解」について

帝国成立以前、土鬼から広く信仰を集めていた土着宗教の中に「青き衣の者」に関する伝説が存在するが、ミラルパはこれを懸念していた。ミラルパは、この伝説が国の滅亡を示唆していると考えていたのだが、ナウシカをその「青き衣の者」と同一視するようになる。こうして、彼はナウシカを抹殺しようと画策する。しかし、ナウシカの抹殺は失敗し、逆に返り討ちに遭ってしまう。瀕死のミラルパは、聖都シュワに存在する、旧世界の人類が残した「墓所」と呼ばれる所で治療を受けることになる。しかし、ナムリスの謀略で治療用の浴槽に毒を混入される形で殺害されてしまう。その後、ミラルパの魂はなおもナウシカに執着し、彼女を憑り殺そうとしたが、逆にナウシカに導かれ、「青き清浄の地」にて成仏した。

「老いと死」について

ミラルパは「老いと死」を何よりも恐れていた。
その理由は、初代皇帝であった父親が、延命処置のための手術の失敗により、肉体を崩壊させながら死亡するという、大変ショッキングな光景を目撃したためである。
そのため、若々しい肉体を得るために必要な移植手術を拒絶し、素の肉体を維持するために薬液槽に浸かる治療を続けていた。このためか、移植手術を繰り返した兄ナムリスと違って肉体は脆弱であり、墓所を離れて外気に当たると老化してしまう体質となっていた。

関連タグ

風の谷のナウシカ 土鬼
初代神聖皇帝 ナムリス チャルカ

pixivに投稿された作品 pixivで「ミラルパ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61476

コメント