ピクシブ百科事典

概要

CV:江川央生

スウォンの父親でイルの兄。ヨナにとっては伯父にあたる。現在は故人。

温和な弟であるイルと違い、勇猛果敢な武人として名をはせていたが、後述のある理由から国王には指名されなかった。

民に頼りにされて慕われる武人だが、敵対する者には冷酷。神官を疎み処刑もしくは追放し、真国との戦では捕虜にした兵や民の首を刎ね城門に投げ入れるなど、苛烈を行いをしたために、ユホンを恨んでいる人物も多い。だが、そんなユホン様だからこそ国は守られていると、国民からの信望や評判は高く、誰もが次の国王にはユホンがなると思い期待していた。イ・グンテはユホンの死後も彼を武人として尊敬している。




以下ネタバレあり閲覧注意





















スウォンの母ヨンヒの手記にて、若き日のユホンについて書かれている。

性格は強引でぶっきらぼう。細かいことにはこだわらないように見えて、相手を見抜く洞察力を持つ鋭い人物。
大の神官嫌いで、そのことで信心深いイルと衝突することもしょっちゅうあった。しかし、内心はイルと鷹狩りに行きたがったり、王に即位したイルを支えようとするなど、とても弟思いであり、それゆえに神(緋龍王)に心酔しすぎるイルを心配していた。イルも神に対する価値観の相違以外ではユホンを兄として慕っていた。


恋愛面ではとても情熱的で純情一途。母によそ者と会うなと言われたヨンヒがユホンと会うのをやめたときは、それでも約束の場所でヨンヒが来るのを待ち続けたり、ヨンヒのことを想って眠れないほど苦悩した。ヨンヒと彼女の血筋(緋龍王の末裔であり、一族の半数が発病する病(緋の病)で短命であること)を知っても、そんなことは気にしないと言って彼女を妻にした。


だが、何も知らないイルが神殿にヨンヒを連れて行ったときに、ヨンヒが緋龍王の子孫だと大神官やカシたちにばれてしまい、そのことでイルとの兄弟関係をこじらせてしまい、神官弾圧の原因となってしまう。

ユホンはヨンヒと彼女の一族を守るために、大神官を処刑して神官たちを弾圧したが、そのことに責任を感じたヨンヒの母は自殺してしまうなど、数々の悲劇を引き起こしてしまった。大神官を火あぶりにしたユホンの行いには、父王ジュナムも許せなかったのか、ユホンではなく次男のイルを次の王に決めた。

それでもユホンは家臣としてイルを支えようとしていた。

やがてヨンヒが緋の病に発病して、日々弱っていく彼女を見て、ユホンはヨンヒに短命という宿命を与えた緋龍王への怒りを募らせていく。
そんな中、イルが娶ったカシが自分が粛正した神官の生き残りであり、彼女がイルを惑わしたと思い、賊に襲われたと見せかけて暗殺した。
だが、カシの死がユホンの仕業であると気づいたイルはユホンを恨んで、ユホンを鷹狩りに誘い、二人きりになったときにそのことを糾弾し、ユホンを背後から刺して崖から突き落として事故死に見せかけた。
それをケイシュクに見られ、幼いスウォンの調査によって明らかとなり、イルはその頃からスウォンやユホン派の人間たちから恨まれていた。


真国侵攻時の敵に対する苛烈な行いや神官弾圧の件で賛否両論分かれる人物だが、即位時に大半の民から失望されていたイルを見て家臣として支えようと思うなど、弟思いで情の深い人物であることがうかがえる。



関連タグ

暁のヨナ スウォン(暁のヨナ) ヨンヒ イル(暁のヨナ)

関連記事

親記事

暁のヨナの登場人物一覧 あかつきのよなのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ユホン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3281

コメント