ピクシブ百科事典

ヨーデル・アルギロス・ヒュラッセイン

よーでるあるぎろすひゅらっせいん

ヨーデル・アルギロス・ヒュラッセインは、RPG『テイルズ オブ ヴェスペリア』に登場するキャラクター。

タグとしてはヨーデルが使用されている。

概要

CV:緒方恵美

本作の舞台となる世界「テルカ・リュミレース」における唯一の大国である帝国。生活の要である魔導器を管理することで、絶対的な権力を握っている。ヨーデルは帝国の皇帝候補の一人であり、先帝の甥にあたる。
ヨーデルは騎士団に擁立されており、評議会の後ろ盾で推薦されているエステリーゼとは対立関係にあるが、本人たちの仲は悪くない。

一見、穏やかでのんびりした世間知らずな王子様だが、貴族たちをうまくあしらう手だてを考えるなど、柔軟な思考ややり手な一面も持ち合わせている。
物語の終盤には正式に次期皇帝として選ばれ、魔導器のなくなった世界を導く指導者として歩み出す。

※公式コンプリートガイド・公式シナリオブック参照

関連タグ

テイルズオブヴェスペリア
ユーリ・ローウェル エステリーゼ・シデス・ヒュラッセイン アレクセイ・ディノイア フレン・シーフォ

コメント