ピクシブ百科事典

「楽しくやろーよ!」

概要

固有色サファイアブルー
好きなものピザコーラ
趣味パーティー企画・開催
特技誰とでも仲よくなれる
座右の銘気にしたら負け
声優白石涼子


アメリカが製造に成功した唯一のアニマで(作中のアメリカはドーターの開発で遅れを取っている)、アメリカ海軍太平洋艦隊所属。適合機体はF/A-18E-ANM。コールサインはサフィール01。
サファイアブルーのショートカットが特徴。とろんとした目つきとえくぼのある、親しみやすい大人といったルックス。
製造されてから1年も経過していないがかなりの知識をもち、社交的で好奇心旺盛、かつ気遣いもできる性格をしている。
常に笑顔を絶やさない一方で、どこか人間味を感じないような側面を見せる事もある。

関連タグ

ガーリー・エアフォース













































































※以下ネタバレ注意













実は、米軍はライノを道具としてしか見ておらず、ソースコードには行動に制限をかける色々な安全装置がかけられて自我を抑えつけた状態にされていた。
上述の性格はそういう風にしか振る舞えなかった結果にすぎず、彼女の本質はいわば「笑うことしかできないロボット」とでも形容できるものである。
そのためか「個」というものへの執着がなく、世界と溶け合うような感覚から夜の闇を好むなど、むしろ「個」を捨て去る事に魅入られていたような節がある
これが、彼女の運命を大きく左右する事になる。

上海奪還作戦にてグリペンら日本のアニマ達と共闘するが、激戦の末燃料不足で帰投できなくなりグリペン共々上海の空港へ着陸。
そこで燃料を探す事になるが、敵陣の足元かつ無人であるにも関わらず空港周辺は物資が充実していたため、帰らずにここで暮らそうと思うようになる。
遂には空港周辺の環境に不審さを感じていた鳴谷慧に銃さえ向けてしまう。
その体は、ザイの結晶で覆われ始めていた

末路


ライノは(恐らく本人の自覚もないままに)ザイに侵食されてしまっていたのだ
「自分達が争い合う必要はない」「ザイとアニマの本質は同じ」と主張しながら慧とグリペンを銃撃で脅しながら懐柔しようとするが拒否され、脱出を図ったグリペンと交戦の末撃墜された。
撃墜の直前、彼女は既に全身をザイに呑まれており、言葉すら発さない状態になっていた。

上海奪還作戦ではザイに対抗するために開発された米軍の無人機がザイに乗っ取られ味方に牙をむく事態になっていたが、皮肉にもライノもまた無人機と同じ運命を辿ってしまった。
ある意味「アニマは形式上は自動操縦装置扱い」である事を最も体現していたのがライノであったととれる。

関連タグ(ネタバレ関係)
アニュー・リターナー:中の人が同じ人造人間で、搭乗機も青く、敵に操られた末命を落とすという同様の末路を辿ったキャラクター。ただしこちらは(本人に自覚はなかったが)敵のスパイ的な存在だった。
ジョシュア・ブリストー:「青いアメリカ機乗り」「最初は味方だが敵になる」「暗闇に魅入られている」などの共通点があるキャラクター。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ライノ(ガーリー・エアフォース)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2627

コメント