ピクシブ百科事典

ライール

らいーる

正式名称「TYPE-LAHIRE」。ARMORED CORE for Answerに登場する新標準ACである。
目次[非表示]

機体概要

リンクス戦争レイレナードアクアビットの技術を吸収し随一の技術力を身につけたオーメル社が開発した新型ネクストAC。
それまでの標準機「TYPE-JUDITH」、「TYPE-HOLOFERNES」がコアパーツを「TYPE-HOGIRE」と共有したことで特化機ほどの能力を得られなかった、いわば中途半端な機体になったのに対し、当機体はレイレナードの技師の参加もあり、空力、PA性能ともに03-AALIYAHの後継機といえる高機動型として完成した。(03-AALIYAHがF1カー、TYPE-LAHIREが戦闘機といえばわかりやすい)
一方で、ブースターの技術はTYPE-HOLOFERNESがベースであり、全体的にクイックブースト時の噴射時間が長い。

HD-LAHIRE:

アリーヤの意匠が残る頭部パーツ。PA性能が的高いほか、カメラ性能も高く(FCSのロック距離が向上しやすい)、カメラユニットが左右に展開されるのも特徴。

CR-LAHIRE:

腕部の装着位置がかなり後方に移る異形のコアパーツ。戦闘機という印象を強く見せる、TYPE-LAHIREの象徴的なパーツ。

AM-LAHIRE:

前腕がかなり長い、初期ACシリーズにおけるクローム社のテイストも感じられる腕部。見かけ通り防御力は高くなく、機動戦で真価を発揮する。

LG-LAHIRE:

前傾姿勢が特徴の脚部パーツ。軽量型だが、レーザーブレード使用時は袈裟斬りのモーションになる。

ブースタ:

TYPE-HOLOFERNESに使用された技術が使用されており、クイックブースト時の噴射時間が長い。
また、OBパーツは軽量、高出力であり、アサルトアーマーも軽量型としては高威力である。

このほか、当機を想定した近接兵器が用意されている。(ショットガン、アサルトライフル、レーザーブレードなど)

使用者

オッツダルヴァ/ステイシス(カラードランク1):オーメルの実践派。実はTYPE-LAHIREのコンセプトと乖離した武器構成であり、オーメル社との冷めた関係が伺える。
リザイア/ルーラー(カラードランク12):コンセプトに沿った近接型であり、肩部に追加ブースタを装備する。
ジュリアス・エメリー/アステリズム(ORCAランク3):腕部を使用。
トーティエント/グレイグルーム(ORCAランク8):コアパーツを使用、高いPA性能とアサルト・アンプリファイアを駆使したギャンブル機を駆る。通称「ネオアクアビットマン」。

関連タグ

ACfa
アリーヤ

pixivに投稿された作品 pixivで「ライール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 223

コメント