ピクシブ百科事典

概要

学名の意味は「湖から来たトカゲ」。
ヨーロッパで化石が発見された。
近縁なノトサウルスと比べ小さく、60センチ程度だったと推測されている。
歯は長く針状で、魚を食べるのに適した構造になっている。
首や指は短く、泳ぐのにはそこまで適していなかったため、浅瀬で魚を追いかけて食べたと考えられている。


関連タグ

ノトサウルス

関連記事

親記事

鰭竜類 きりゅうるい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラリオサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22

コメント