ピクシブ百科事典

レオノーラ

れおのーら

レオノーラ(Leonora)は、スクウェア・エニックスが発売したゲームソフト「ファイナルファンタジー4 THE AFTER -月の帰還-」(以後、TA)に登場するキャラクターで、神官である。
目次[非表示]

プロフィール

名前:レオノーラ(Leonora)
職業:神官見習い
出身:ミシディア
利き腕:右手

身長以外のプロフィールは不明。
年齢のみFF4の段階では7歳であることが明らか(パロムより2つ年上のため。リディアとは生年が同じ)。

キャラクター

森と水の都トロイアで、国を治める8人の神官の内一人が病に臥せってしまった為、新たな神官候補として修行中の少女。

控えめでおっとりとした性格……とは公式サイトの談だが、実際は天然系キャラだった。
『精神の平静』を『へいしんのせいせい』と言い間違えたり、塔での試練モンスターを倒すと調子に乗ったりと非常に可愛げのあるキャラクターである。

『エッチなほん』を見せると
「ふ、不謹慎です!」
と言い放ち捨ててしまう。
「ああっ…」
と漏らすパロムを睨んでいるあたり芯の強さはこの時点でも窺い知れる。
また、クイーンビュートという鞭を持たせると、他の鞭キャラとのバンド技『コールミークイーン』を使うことができ、
「ぶ、ブタさんになってください!」
と敵一体を文字通りにする。
パブ『女王様』での寸劇もあり、ひょっとすると『女王様』気質があるのではないか?
と実しやかに囁かれているとか、いないとか。

パロム編では、ミシディアより派遣されてきた魔道士パロムに付き添われて、神官への最終試験として修練の塔へ登ることになる。
神官職らしく白魔法の使い手だが、神官たちの意向で黒魔法を習い、急速に覚えていく。
その才能はミシディアの天才魔道士と謳われるパロムをして認められるほど。
習得時期こそ遅いものの、最終的には全ての白魔法と、メテオ・トルネド・ブレイク・クエイク・バイオ以外の黒魔法を覚えることが可能である。

ジョブ的に言えば魔法メインの赤魔道士と言った方が近い

パロム編では、修練やクリスタルを巡る逃避行の末に、パロムとの信頼関係が築かれ、クライマックスで新たなバンド技を習得する。
また、実はレオノーラはミシディア出身であり、FF4のエンディングでパロムが自慢話を聞かせていた少女であったことが発覚。
終章では、パロムの元カノポジションであるルカに、
「あんた、パロムのこと好き?」
と訊ねられ、
「な、なんです急に!? もちろんです!」
と即答している。

エンディングでは神官を辞退し、賢者の修行をするべくミシディアにやってきてパロムたちに師事することとなる。

パロム編は恋愛ゲームである。

ビジュアル設定

金髪碧眼でポニー、というか髪を高いところで結んでいる。
袖の余った空色の修道服を着込んでおり、ポロムのような不謹慎な格好はしていない。

関連イラスト

レオノーラたん
トロイアの賢者


名前があぶr
レオノーラ



関連タグ

FF4TA 月の帰還 FF4 ファイナルファンタジー4 FF
パロム パロレオ

外部リンク

FF用語辞典内【レオノーラ】

pixivに投稿された作品 pixivで「レオノーラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 272169

コメント