ピクシブ百科事典

英雄クロニクル

えいゆうくろにくる

『英雄クロニクル』とは、サクセスの運営する「創造Webブラウザシミュレーションゲーム」。
目次[非表示]

概要

このゲームは略称をAUC( tags.php )、英クロ( tags.php )などと呼び、サクセスにより2011年9月29日に開始されたオンラインのターン制シミュレーションRPG( 基本無料 )であり、特色としてキャラクター画像、台詞、プロフィール、装備の名前などをプレイヤーが全て自由に設定することができ、自分のオリジナルキャラクターをゲームに登場させることができ、さらになりきり等も可能となっている。

プラットフォーム

サクセス自社の2種類のサーバおよびもう一つのサーバが存在する。

他社の展開

プラットフォームへの提供としてハンゲーム( Sunshine )およびmixi( Moonlight )のプラットフォームで展開されており、後にニコニコアプリ( ニコニコ動画のゲーム部門、Moonlight )/myGAMECITY( Sunshine )への提供が開始され、また、DLsiteのゲーム部門サイトであるにじよめ向けのR-18サーバ( Nightfall )が存在しており、システム等は同一であるがこちらはレギュレーションおよびイベントの一部が異なる。

システム

このゲームにおいてプレイヤーは自らの分身であるキャラクターを作成し、特色のある5つの国のいずれかに所属し、3ヶ月周期で各陣営の戦力を争う。

キャラクターメイキング

キャラメイクの自由度の高さが特徴で、名前/特殊能力/スキル/能力値/装備名/プロフィール/決めゼリフ/カットインセリフ……などなど、一般的なRPGで想定される項目を、全て自分で設定することが可能となっており、たとえば武器・攻撃の名称、行動時のセリフ、さらに自由記入欄に詳細を書き込むことで、戦闘スタイル( 例えば「前に出て敵を殴る」「少し後ろから魔法や飛び道具を使う」「味方支援する」「敵を妨害する」などいろいろ役割が存在する )、性格、バックボーンなど、あらゆる設定をゲーム上で表現できるようになっており、設定が多すぎる、という場合はオートで決めるモードも存在しているため、面倒なことは何もない、と思ってもよく、当然、特殊能力などを大量に所有し、コストが高いキャラクターや逆にそれらが少ないキャラクターが存在することになるが、後述の理由によりバランスはとれるようになっている。

キャラクターのレベル

キャラクターにはレベルが存在し、行動を行うことにより取得される経験値により上昇する。レベルが上がることにより能力値に割り振るポイントと特定のレベルではスキルが入手できる。レベルの上限は30であるが、割と速やかに上がる。レベルが30になると転生が可能となる。転生するとレベルは1となるが全能力値に1の補正と、スキル一つを得ることが可能となる。

画像のアップロード

さらに、アイコン、例えば部隊用画像、顔画像と全身画像などが豊富に準備され、さらにコンテストなどにより増加しているが、気に入ったものがない場合、英雄キャラクタージェネレーター( 外部リンク )や3Dモデルを使ったジェネレータ( ゲーム内に存在 )で作成したり、自作の作品や許諾されたものをシステムにアップロード可能となっている。これにより上記のものやカットイン用にgifアニメーションなどを登場させることがある。ただし一定の制限が存在し著作権年齢制限などの理由により削除されることがある。

陣営

所属できる陣営は以下の5つであり、いずれも問題を抱えており、プレイヤーたちの行動によりその将来は変更される、詳細に関してはリンクを参照されたし。

なお、シーズン途中での陣営は変更可能であるが、陣営の功績が失われるため、アイテムの受け渡しなど特殊な用途出ない限りは行わないほうがよい、一方シーズン開始には勧誘葉あるものの、自由に選択可能となるため、プレイヤーによってはシーズンごとに陣営を移動するものと、陣営を固定するものが存在する。

キャラクターの出身

自動で出身を決めると「現在所属する陣営」出身となることが多いが、別にこだわる必要はなく、出身地不明、あるいは「異世界から来た」ということも可能である。

戦闘

戦闘は10キャラクターまでを指定し遠征、あるいは防衛を行う形式となっている。この際、キャラクターのコストの制限が存在し、キャラクター作成時に使用したスキルポイントの合計値( ちなみに最小値は50となっている )であり、総合計「1000まで」となっている。ここで「スキルを大量に取得したキャラクター」が使いづらくなるようになっている。また、NPCが追加されることがある。

遠征

遠征はまずキャラクターの編成を行い「敵の防衛部隊を選択」することにより行うものであり、自らの部隊のキャラクターのほかに国家傭兵と呼ばれるものを編入可能であり、これはコストが0で「自らの陣営の他のキャラクターあるいは中上位NPC」がその戦いに限り参戦するものである。

防衛

防衛に任命したキャラクターを用い、自らが設定した地形にて、他のプレイヤーの対戦を待つものであり、ものすごい難しくすることも逆に相手に安心して戦わせることも可能である。

キャラクターの雇用

このゲームでは、主人公であるキャラクターのほかに通常2名キャラクターを作成することが可能( 課金により2名追加可能 )であり、そのほかチュートリアルに登場した5人および、29期に追加された3名が部隊に在籍している。基本的に人数が多いほど有利となるため、他プレイヤーの同じ陣営に所属するキャラクターを自分の部隊に雇用することが可能となっている。

雇用のメリット

雇用にはゲーム内のお金がかかり、金額はコストとレベル、転生回数に依存しており、基本的に「強いキャラクターほど高額」となるため、それもバランスの一部となっており、さらに各種補正、たとえば援軍に来たキャラクターは安くなるとか、未転成ならば特別かかとなるなどが存在している、そして雇用されることにより「絆」という値が増加し、ステータスに補正がかかるようになる。そのため多くのプレイヤーに雇用される人気のキャラクターはそれだけ補正がかかるようになるものの、必要とする能力やスキル等はプレイヤーや相手により異なるため、「すべてのプレイヤーが満足するキャラクター」は作成できない。

関連イベント

このゲームに関してはイラストに関するコンテストを各所で開催している。今まで行われたコンテストの結果はコンテストギャラリーで閲覧可能となっている。

pixiv

【公式企画】「英雄クロニクル」イラストコンテスト( リンク切れ )2011年10月4日(火)~2011年11月4日(金)、pixiv上で公式イラストコンテストを開催、このコンテストは「オリジナルキャラクター部門」「NPC部門」の2部門。いずれも優秀作品のイラストはゲームに採用された。このコンテストに必要であったタグは英雄NPCおよび英雄オリジナルであり、オリジナル部門はアイコンとして利用可能である。

派生ゲーム

このゲームのスピンオフとしてRPG版である英雄RPG 聖域の冒険者( 英雄RPG )が2015年8月25日より2016年8月25日まで提供されていた。

pixivにおいて

このゲーム黒歴史作成ツールと一部で言われるようなゲームではあるが、かなり人気があり、3000以上の作品が存在し、200件程度のR-18等の作品を含む。これらは過去行われたコンテストの応募作品や、うちの子やほかのキャラクターのイラストを投稿したもの、さらに小説投稿機能においてはSSが150件ほど投稿されている。

関連項目

サクセス(ゲームメーカー) ブラウザゲーム シミュレーションRPG
オリキャラ キャラメイク キャラクターシート
英雄RPG

関連リンク

英雄クロニクル総合トップ
【pixiv】英雄クロニクルイラストコンテスト開催!!
【pixiv】英雄クロニクルイラストコンテスト受賞作品発表
4gamer.net:「英雄クロニクル」5周年インタビュー。新サーバー開設やさまざまなシステム面でのアップデートを予定

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「英雄クロニクル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1701262

コメント