ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

なりきり

6

なりきり

特定の人物やキャラクターになりきること。ごっこ遊び。本項ではインターネットでの「なりきり」について解説する。

ポケモンの技についてはなりきり(ポケモン)を参照のこと。


概要


元は2007年ごろに既に確立していたテキスト主体のジャンル。エミュレート。


主にインターネット上のチャット掲示板などで、特定の作品あるいはオリジナルキャラクターなどに扮することで会話やゲームなどを楽しんだりするジャンル。

複数人が関わることで時には異なる作品間のキャラクター同士の掛け合いが繰り広げられたり、キャラクターの性格を再現しつつ質問を受け付けたり、引用する原作とは全く異なる世界観におけるキャラクターの行動をシミュレートしたりするなど、その楽しみ方は多岐に渡る。


また、一部のゲーム、特にロールプレイを行う事になるタイプのジャンルも広い意味ではプレイヤーが主人公になりきっている状態と言え、それを反映した実況プレイを行っている者もいる。


オリジナルの世界観やキャラクターを使う場合は基本的に複数人でのチャットないしリレー小説形式が主体であり、しばしばダイスステータスの存在しない簡易版TRPGに例えられる。


最近ではTwitterでなりきりを行っているBotが多数存在している、ちなみにBotとあるが手動が混じっている物もある。これらは単純ななりきりの場合もあれば、何らかの意図的な二次創作設定二次設定俺設定)を混ぜ込んでいる場合もある。


問題点と注意

基本的にコミュニケーションの相互理解が大切になってくるジャンルであるため、設定を盾にあまりにも身勝手な言動を取るなどの行為はまず受け入れられない。なりきっているキャラ同士に加えて中の人同士の距離感もしっかり適切に測ることがよく薦められる。


また、特定の作品のキャラクターを用いるということは、そのキャラクターと作品を少なからず背負うということになる。そのためあまり元ネタを激しく無視したり私情を混ぜた発言などを行うと大抵問題視される。「~はそんなこと言わない」というやつである。


その他にはキャラクターをスピーカーにして政治的な発言や何かを非難する様な発言をさせていたりする事や、独自に付随した二次創作設定が問題視される事がある。

TwitterのなりきりBotなどの場合は主張や設定の積み重ねによってもはや独自の存在が確立してしまうこともあるが、そうして表れる個性の方向性によっても批判される。また言動にいわゆる中の人の主張が表に出すぎることも「キャラクターを使っている」として敬遠されることが多い。


このためヲチが非常に加熱しやすいジャンルであり、何かと難癖を付けてネットウォッチ板にスレが立ったり、ウォッチスレ内で悪質ななりきりプレイヤーを何とかして追い出そうなどと匿名で共謀したりなどもするため特に複数人が絡むなりきりは節度を保った振る舞いが求められる。


歴史

(私個人の主観が入っています。有用な情報をお持ちな方は修正及び追記をお願いしたいです)


2013~2018年辺りは美少女系のサブカルチャーコンテンツが隆盛期だったのもあり、美少女キャラの割合が非常に多かった。男性キャラは良くても全体の4割しか使用されず、酷い時には1割しか存在しなかったので、なりきりサイト及び部屋の幾つかが美少女部屋と化していた。特に2013年~2015年辺りは某弾幕シューティングゲームのキャラが、美少女キャラの中でも特に多く存在していた。この頃はそのゲームが若いオタクの間で多大なる人気を獲得していたのが影響していたと考えられる。

しかし2018年の中期になると一転して男性キャラの割合が増え始め、現在では男性キャラが女性キャラよりも多く使用される様になった。これはサブカルチャーに興味を示す女性の方が時代の流れと共に増えていった影響であると思われる。逆に女性キャラが減ったのは、そのキャラを使う人の大半はオタクの男性であり、さらにオタクの男性の大半は学生で時代の推移によって社会人となってなりきりをする時間が減ったからだと

考えられる。


2018年前期頃まではオープンチャット形式のなりきりが多かったが、中期頃からはSNSの普及の影響を受けてSNS上でのなりきりが増加。結果としてオープンチャット形式は廃れていき、現在ではSNSでのなりきりが主体となった。

オープンチャット形式では荒らしが発生しやすかったり、見ず知らずの人となりきりをする関係上、その人と上手くなりきりが出来るか分からなかったりするのに対し、SNSでは荒らしが発生しにくかったり発生したとしても素早くキック出来る上、SNSは知り合ったお気に入りの人たちと身内でなりきりをしやすいという利点がある等の点が背景にあると推測出来る。


関連タグ

エミュ力

なりきりネタなんでもあり キャラサロン メビウスリング掲示板

TRPG PBW pixivファンタジア 企画

ポケモンの技についてはなりきり(ポケモン)を参照のこと。


概要


元は2007年ごろに既に確立していたテキスト主体のジャンル。エミュレート。


主にインターネット上のチャット掲示板などで、特定の作品あるいはオリジナルキャラクターなどに扮することで会話やゲームなどを楽しんだりするジャンル。

複数人が関わることで時には異なる作品間のキャラクター同士の掛け合いが繰り広げられたり、キャラクターの性格を再現しつつ質問を受け付けたり、引用する原作とは全く異なる世界観におけるキャラクターの行動をシミュレートしたりするなど、その楽しみ方は多岐に渡る。


また、一部のゲーム、特にロールプレイを行う事になるタイプのジャンルも広い意味ではプレイヤーが主人公になりきっている状態と言え、それを反映した実況プレイを行っている者もいる。


オリジナルの世界観やキャラクターを使う場合は基本的に複数人でのチャットないしリレー小説形式が主体であり、しばしばダイスステータスの存在しない簡易版TRPGに例えられる。


最近ではTwitterでなりきりを行っているBotが多数存在している、ちなみにBotとあるが手動が混じっている物もある。これらは単純ななりきりの場合もあれば、何らかの意図的な二次創作設定二次設定俺設定)を混ぜ込んでいる場合もある。


問題点と注意

基本的にコミュニケーションの相互理解が大切になってくるジャンルであるため、設定を盾にあまりにも身勝手な言動を取るなどの行為はまず受け入れられない。なりきっているキャラ同士に加えて中の人同士の距離感もしっかり適切に測ることがよく薦められる。


また、特定の作品のキャラクターを用いるということは、そのキャラクターと作品を少なからず背負うということになる。そのためあまり元ネタを激しく無視したり私情を混ぜた発言などを行うと大抵問題視される。「~はそんなこと言わない」というやつである。


その他にはキャラクターをスピーカーにして政治的な発言や何かを非難する様な発言をさせていたりする事や、独自に付随した二次創作設定が問題視される事がある。

TwitterのなりきりBotなどの場合は主張や設定の積み重ねによってもはや独自の存在が確立してしまうこともあるが、そうして表れる個性の方向性によっても批判される。また言動にいわゆる中の人の主張が表に出すぎることも「キャラクターを使っている」として敬遠されることが多い。


このためヲチが非常に加熱しやすいジャンルであり、何かと難癖を付けてネットウォッチ板にスレが立ったり、ウォッチスレ内で悪質ななりきりプレイヤーを何とかして追い出そうなどと匿名で共謀したりなどもするため特に複数人が絡むなりきりは節度を保った振る舞いが求められる。


歴史

(私個人の主観が入っています。有用な情報をお持ちな方は修正及び追記をお願いしたいです)


2013~2018年辺りは美少女系のサブカルチャーコンテンツが隆盛期だったのもあり、美少女キャラの割合が非常に多かった。男性キャラは良くても全体の4割しか使用されず、酷い時には1割しか存在しなかったので、なりきりサイト及び部屋の幾つかが美少女部屋と化していた。特に2013年~2015年辺りは某弾幕シューティングゲームのキャラが、美少女キャラの中でも特に多く存在していた。この頃はそのゲームが若いオタクの間で多大なる人気を獲得していたのが影響していたと考えられる。

しかし2018年の中期になると一転して男性キャラの割合が増え始め、現在では男性キャラが女性キャラよりも多く使用される様になった。これはサブカルチャーに興味を示す女性の方が時代の流れと共に増えていった影響であると思われる。逆に女性キャラが減ったのは、そのキャラを使う人の大半はオタクの男性であり、さらにオタクの男性の大半は学生で時代の推移によって社会人となってなりきりをする時間が減ったからだと

考えられる。


2018年前期頃まではオープンチャット形式のなりきりが多かったが、中期頃からはSNSの普及の影響を受けてSNS上でのなりきりが増加。結果としてオープンチャット形式は廃れていき、現在ではSNSでのなりきりが主体となった。

オープンチャット形式では荒らしが発生しやすかったり、見ず知らずの人となりきりをする関係上、その人と上手くなりきりが出来るか分からなかったりするのに対し、SNSでは荒らしが発生しにくかったり発生したとしても素早くキック出来る上、SNSは知り合ったお気に入りの人たちと身内でなりきりをしやすいという利点がある等の点が背景にあると推測出来る。


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 或るアメリカ人と鈍感なドイツ人との会話集

    或るアメリカ人と鈍感なドイツ人との会話集②

    マイピク様のジェットくんと、私操るハインリヒとのなりきり対話をアップしてみました。とりあえず第2回です。まだまだ続く予感がしています。
  • やっぱりスカート

    ワンピース

    二人はもう一つのクローゼットへと向かった。そして、そこで何かを見つけた。
  • 夏目彩香の短編作品

    兄さんの新妻

    ここはとあるカフェ。鉄板焼きの店で食事を済ませ、ほんの少しだけゆったりとした時間を過ごしているのは、新婚生活を始めたばかりの西尾翔平と妻の綾音だった。翔平の仕事が終わってからの夜デートだからカフェの閉店時間まであと少しとなっているのだが、特別な時間のために焦ること無くゆったりと過ごしていた。
  • 僕は、二度と、

    『僕は、二度と、』 第1の部屋①

    ※この作品はTRPG台本(うさぎが出てくるさんの『選ぶのはお前だ』https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6133882)を実際にやってみたものを小説化したものです。
  • 準人間種とマンドラゴラ

    ある日の集まりで、知り合いの彼女が楽しそうに語るのはイタズラ話で...。 その手に持っている肌色の何か。 果たして彼女は一体何のイタズラを計画しているのか。 それに巻き込まれる主人公のお話。 前回のお話でついにホムンクルスとアンドロイドの世界を繋げることが出来ました。 ただ、なんだかこの世界肉がかなり多いなと思いましたので、高血圧にならぬよう彩りとして野菜を加えてみることにしました。 美味しく調理できていると良いのですが...。 3つの種族それぞれうまく存在出来るように設定しておりますので、安心してお読みくださいませ。
    17,949文字pixiv小説作品
  • superior existencia

    獏の場合③

    どの媒体でも詳しく描かれなかったグリーンアース教団の詳細を生み出すのは少し骨が折れました。 場所のイメージは「虚無戦史MIROKU」の九龍一族の里です。竜脈の話等はあの辺りのイメージを色濃く取り入れました。結晶体は御神器のような感じで。ゲッターというより、虚無戦記寄りな世界観ですねw ポ○モントレーナーだって十歳にならないとパートナーを連れて旅に出られませんしね。そこの壁は結構大きい気がします。 天真爛漫な子供から一気に大人にならなければならなかった拓馬と、生い立ち故ならざるを得なかった大人から、無償の愛を知る子供に戻れたカムイ。 ほぼ同時期に二人がこうなっていたのは、運命の悪戯ってヤツなんですかね。
  • ヘタ也ろる

    頭痛でODした

    吐いてはないけどえずいてるのとODしてる
  • pretend android

    プロローグ

    アンドロイド作品に興奮したので作りました。リクエストは遠慮なく。
  • アメ玉

    アメ玉(前編)

    目の前には目を瞑り次の行動を待つ彼女の姿があった。 僕は彼女から言われた通りに自分の顔を近づけ、口の中で半分くらいの大きさに溶けたアメ玉の残りを彼女の口の中に向けて送り込む。彼女もまたそのアメ玉を舐めてから半分くらい溶けると、その残りを僕の口の中に落として舐める。それを何度か繰り返す内にアメ玉が全部溶けてしまった。お互いの手を握手するかのように、しっかりと握りしめると二人の意識はどこか遠くに行ってしまった。
  • おそ松さん風修学旅行日記

    🎖今日は松野家長男おそ松!🏅

    最終日です そのせいでそんなに書いてないです ゴメンねおそ松兄さん そういえばどの日記も一部投稿用に直してますのでここで言っておきます さぁ!あとは番外編という名の裏話だ! 面倒いから授業は全部カットしてやらぁ‼︎
  • あの日の記憶

    あの日の記憶(完全版)

    僕こと中村航平は2つ年上の女性、田中真央と付き合っている。先日、彼女にプロポーズしたものの、回答は少し待って欲しいと言われてしまった。ドキドキの日々を送っているさなか、彼女から駅で待っているとのLINEが届いたのだ。僕はすぐに駅へと向かうと、セクシーな赤いブラウスと黒のシースルースカートに身を包み、十センチはあろうピンヒールが印象的な彼女がそこで待っていた。
    14,451文字pixiv小説作品
  • おそ松さん風修学旅行日記

    ⚾️今日は松野家五男十四松‼︎⚾️イヨイショー‼︎‼︎

    今オーストラリアに修学旅行で来ています! せっかく海外まで来たので日記を書いたんです! おそ松さん風に書いたのでみなさん読んでいただくと幸いです
  • #ヒロアカ 『蛙吹梅雨』なりきりシナリオ

    雄英高校一年 蛙吹梅雨(ちゃん) 彼女はある日、とある少年と出会う 少年はヒーローに憧れ、雄英に入るために鍛錬に励んでいた 梅雨ちゃんはひょんなことから、少年の鍛錬に付き合うことになる 梅雨ちゃんは少年と会う度に、特別な感情が芽生えていた そしてそれは、愛情と呼ぶには歪んだものになっていき..... ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 梅雨ちゃんのヤンデレ、ムズいね(ノ∀`)タハ~ 梅雨ちゃんやヒロアカを知るためにとりあえず23巻までは読みました(普通にハマった) ちなみに僕の推しは梅雨ちゃんと発目とショートのお姉ちゃんです(´˘`*)
  • superior existencia

    幕間・竜を育むもの②

    ※レディースあるあるな描写が若干あります、ご注意下さい※ 號からアークに掛けて、2つのシリーズを結びつけるのはやはり母であるこの人なのでしょう。 各ゲッターロボシリーズは漢達の物語ですが、同時に彼等を取り巻く女性達の物語でもあると思います。 革新的でありながら普遍的なこの物語は、その螺旋を描く存在達に裏打ちされているからこそどの世代にも受け入れられる、そんな風に私は思っています。
  • 地獄、スティンガーの場合。

    宇宙戦隊キュウレンジャー、後2話で観終わります。 あの回で観た地獄、たぶん、撮影したのもっと長いと思うんだ。。。 あくまでも二次創作。 本編が最大手。
  • 小助くんの小さなぼうけん

    小助くんの小さなぼうけん『みんなで山べえとあそぼう!(その2)』

    ある山おくで生まれた小助くんは、いつも元気いっぱいの2才児の男の子です。お母さんに大事にそだてられた小助くんは、森の中にいるたくさんの動物たちと楽しくあそんだりしてすごしますが……。 ※子ども向けの創作昔話です。この作品で使う漢字は、小学2年生までに習う漢字のみを使っています。 ※この作品には、おねしょネタ・おならネタ・うんこネタがしばしば登場します。作品をご覧の際には十分ご注意ください。 ※この作品は、小説家になろう及びエブリスタにも掲載しています。
  • 女子会がやりたくて

    女子会がやりたくて(同窓会編)第五話

    【女子会がやりたくて(同窓会編)第五話 個別相談】 ※不定期連載中 ピーンポーン。 部屋の中のインターホン画面を確認するとそこにはマンションのエントランスが映し出されており、かつて僕らの同級生で今はエリナの担任である青木エリカの姿があった。ベージュベースの膝丈のタイトスカートから伸びる脚がつやのあるライトイエローのヒールに吸い込まれており、シンプルなスカートと同色の七分袖のシャツブラウスをまとっている姿まではっきりとわかるほどに鮮明な画像が送られていた。
  • クトゥルフ神話TRPG なりきりクロスオーバー卓

    なりきりクトゥルフ神話TRPG 使用キャラ説明

    なりきりクトゥルフ神話TRPG! 実際に友人と会って録音を取りながら行いました!! なりきりと言ってもキャラになりきれていない部分があるかもしれませんが初心者なので生暖かい目で見守ってもらえれば幸いです。 今回なりきったキャラ GM(おたすけNPC)➡︎夏目友人帳から夏目貴志 PL➡︎テニスの王子様から日吉若、カゲロウプロジェクトから如月伸太郎 の3人です。 ▼使用したシナリオ様 『くねくね』 製作者:パンダ=ヒロ様

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  2. 2

    まつお

    読む
  3. 3

    遊ハち

    読む

pixivision

カテゴリー