ピクシブ百科事典

不等号

ふとうごう

不等号とは左辺と右辺の大小関係を表す記号である。
目次[非表示]

概要

左辺と右辺の式、或いはの大小関係を表す記号である。主に変数と一緒に用いられる。

種類

>……大なり記号と呼ばれる。左辺の方が右辺より大きい事を示す
<……小なり記号と呼ばれる。右辺の方が左辺より大きいことを示す
≧……大なりイコール記号と呼ばれる 左辺の方が右辺以上であることを示す(イコールの場合もある)
≦……小なりイコール記号と呼ばれる 右辺の方が左辺以上である事を示す(イコールの場合もある)
≪……右辺の方が左辺よりかなり大きい場合に使われる
≫……左辺の方が右辺よりかなり大きい場合に使われる

≪と≫については比として用いられることもある。例えばx≪yとされる場合、yの値に対してxは無視出来るほどに小さいという意味合いからx≪yの時x+y≒yと近似する、という用いられ方もある。

C言語などのプログラムでは不等号は半角で用いられる。そのため、大なりイコールや小なりイコールはそれぞれ「>=」「<=」と表される。

また、この不等号を含む式を不等式と呼び、連立不等式などとして解く事も出来る。

関連タグ

数学 等式 等号

外部リンク

不等号 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「不等号」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 198

コメント