ピクシブ百科事典

久邇宮朝彦親王

くにのみやあさひこしんのう

幕末から明治時代初期の皇族、久邇宮初代。
目次[非表示]

概要

伏見宮邦家親王の第四王子。通称中川宮

プロフィール

続柄伏見宮邦家親王の第四王子
身位親王
出生文政7年2月27日(1824年3月27日
死去明治24年(1891年)10月25日
配偶者泉亭靜枝子、泉萬喜子、原田光枝子、寺尾宇多子、角田須賀子
子女賀陽宮邦憲王久邇宮邦彦王梨本宮守正王多嘉王朝香宮鳩彦王東久邇宮稔彦王
父親伏見宮邦家親王
母親鳥居小路信子


人物

文政7年(1824年)に誕生し、天保7年(1836年)に仁孝天皇の猶子になり親王宣下した。同年に一乗院の門跡、尊応と名乗る。嘉永5年(1852年)に青蓮院の門跡となり、尊融と名乗った。安政6年(1859年)の安政の大獄で永蟄居を命じられた。文久2年(1862年)に復帰した。文久3年(1863年)に還俗して中川宮と名乗った。同年に長州藩と尊王攘夷派を京都から追放する事件八月十八日の政変を実行しその後朝彦と名乗った。その後宮号を賀陽宮と改めた。慶応3年(1867年)の王政復古によって参朝停止を受けて安芸国へ追放された。明治3年(1870年)に京都に戻り久邇宮と改称した。明治8年(1875年)に伊勢神宮祭主。

外部リンク

久邇宮朝彦親王 - Wikipedia

関連タグ

幕末 皇族 久邇宮 中川宮 賀陽宮 青蓮院宮 伏見宮

関連記事

親記事

久邇宮 くにのみや

子記事

兄弟記事

コメント