ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

久邇宮朝彦親王の第八王子、宮家朝香宮を創始。

プロフィール

続柄久邇宮朝彦親王の第八王子
称号王→皇籍離脱
敬称殿下→皇籍離脱
出生1887年10月2日
死去1981年4月12日
配偶者允子内親王
子女紀久子女王孚彦王正彦王湛子女王
父親久邇宮朝彦親王
母親角田須賀子
役職陸軍大将


経歴

明治20年(1887年)に誕生、明治39年(1906年)に朝香宮を創始、明治41年(1908年)に陸軍士官学校を卒業し明治43年(1910年)に明治天皇の皇女允子内親王と結婚、大正11年(1922年)にフランスに留学するが交通事故に巻き込まれた。後に妃と共に療養生活を送るがアール・デコ博覧会がきっかけでアールデコに興味を持ち日本に帰国後にアールデコ様式の邸宅を建てる。戦時中は近衛師団長・上海派遣軍司令官として活躍、昭和22年(1947年)に皇籍離脱、後に熱海市に移りその地で死去。

人物

ゴルフ三昧の生活をしていたことでゴルフの宮様として知られ。東京ゴルフ俱楽部の名誉総裁でもあり埼玉県にゴルフコースを作りコース名を朝霞と名付けられた。朝霞市の由来も朝香宮からである。

系譜

父:久邇宮朝彦親王
母:角田須賀子
妃:允子内親王
第一王女:紀久子女王侯爵鍋島直泰夫人)
第一王子:孚彦王
第二王子:正彦王、臣籍降下し音羽侯爵家を創始。
第二王女:湛子女王伯爵大給義龍夫人)

外部リンク

朝香宮鳩彦王 - Wikipedia

関連タグ

旧皇族 宮家 朝香宮

関連記事

親記事

朝香宮 あさかのみや

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました